UKIPに移った保守党下院議員

驚くべきことが起きた。保守党の下院議員ダグラス・カースウェルが保守党を離党し、イギリス独立党(UKIP)に移ったのである。UKIPはイギリスのEUからの離脱を謳う政党である。

その理由は、保守党のキャメロン首相たちは欧州で必要な変化に真剣でない、イギリス政治に根本的な変化が必要だ、UKIPは、内部の少数のグループではなく、党のメンバーのものであり、その根本的な変化を実現できるという。カースウェルは型破りの下院議員で知られている。

キャメロン首相率いる保守党は下院に300余りの議席を持つ、下院最大の政党であるが、UKIPは下院に議席を持たない。それにもかかわらず、カースウェルは下院議員を辞職し、補欠選挙にUKIPの候補者として出馬する。

UKIPは、5月の欧州議会議員選挙でイギリス最高の得票をし、トップの23議席を獲得したが、その選挙は人々の生活に直接関係するものではなく、しかも比例代表制であるため、小選挙区の下院選挙とは異なると考えられている。つまり、世論調査で10%台半ばの支持率のあるUKIPは、来年5月に予定される次期総選挙で数議席獲得する可能性があるが、それ以上は望めない政党だと考えられていた。

しかしながら、カースウェルはこの補欠選挙で当選すると見られている。カースウェルの選挙区が、潜在的なUKIP支持者の多いところであるだけではなく、カースウェルのこれまでの活動で、他の保守党選挙区支部が軒並み党員を減らす中、党員を2倍にした実績が示すように、この選挙区内での知名度が極めて高いためだ。

通常、イギリスでは政党支部が選挙を行う。そのため候補者は政党の選挙マシーンがなければ戦えない。この選挙区では、UKIPがカースウェルを応援した影響もあっただろうが、カースウェルは2010年総選挙で次点の労働党候補者の2倍以上の得票をした。その後この選挙区ではUKIPの支持が伸びてきている。保守党はカースウェルに対抗できるだけの強力な候補者を立てようとするだろうが、それがどこまで効果を出すかが課題だ。

カースウェルのこの動き、しかも予想通り補欠選挙に勝ちUKIPが下院に議席を持つことになれば、これから総選挙までの9か月ほどの間、UKIPのメディアへの露出度を高めることとなる。しかもUKIPの信用度を高めることにもつながる。その結果、UKIPへのプラス効果には相当大きなものがあるだろう。 

世論調査会社YouGovのピーター・ケルナー社長は、このカースウェルの動きで、UKIPが保守党票をさらに奪うこととなり、保守党は労働党に10議席失うことになるだろうとコメントした。

Comments are closed.