思い付きで選挙を進めるスナク首相

スナク首相は保守党の党首であるが、5月22日、突然、7月4日に総選挙を実施すると発表した。そして、直ちに事実上の選挙戦が始まった。通常、総選挙のような政治状況を大きく変える可能性のある政治的なイベントは、慎重に検討される。しかし、スナク首相に、そのような考えがあったようには見受けられない。

スナク首相が最初に打ち出した政策は、18歳を対象にした強制的なナショナルサービス(National Service)である。ナショナルサービスは、英国にかつて存在したが、1960年に廃止された。今回のアイデアは、2024年1月に退任間近の陸軍参謀総長が、大きく減少する兵員体制を心配し、いざという時の軍を支える体制の強化を打ち出したことに関係している。その際スナク政権は相手にしなかった。その上、総選挙が発表された翌日の5月23日、下院で、この分野担当の準大臣が、どのような形でも実施しないとはっきりと否定した。ところが、その後にスナク政権はこれを7月4日総選挙の目玉政策として発表した。なお、このナショナルサービスは、12か月間、国軍関係またはボランティアとして活動するものとされている。ナショナルサービスのアイデアは出されたものの、その詳細は未定で、王立委員会(Royal Commission)を設けて、検討し、2025年にパイロット事業を試験的に行うという。労働党は「人目を引くためのトリック」だと批判している。

スナク政権下では、野党第一党の労働党との支持率の差が縮まないばかりかやや拡大する傾向が続いており、現在20%強の差があるのに不満を持つ保守党下院議員が多い。秋に予想されていた総選挙が突然7月4日に実施されることとなり、驚き、反発する向きも多い。

スナク政権の準閣僚(北アイルランド省)に、この政策は、政権として他の大臣や国家公務員を含めて慎重に検討したものではなく、首相のアドバイザーの案を保守党の候補者に押しつけたものだと公に反発する声が出た。この準閣僚は、ギリシャへのホリデーを予約しており、旅立った。スナク首相は、この時期には総選挙の予定がなく、ホリデーに行ってもよいとしていたという。

なお、ナショナルサービスのアイデアは、政治的な面では、現在の多くの若者に不満を持つ高齢者、2019年の前回総選挙で保守党に投票した有権者や右のリフォーム党に傾いている有権者を取り戻すための戦略の一環と見られている。

スナク政権は、総選挙大敗の可能性がある中、なりふり構わない体制を取っているのは理解できる。しかし、2017年総選挙で起きたことも考えておく必要があるだろう。支持率で大きく労働党をリードしていた保守党のメイ首相は、保守党の下院での立場を強化するために突然総選挙に打って出た。ところが、この総選挙の政策として、政府の負担が高まっていた高齢者介護政策の改革を打ち出したために、支持が急に減少し、結局、獲得議席が過半数を割り、北アイルランドの民主統一党(DUP)の閣外協力で政権を維持していくこととなった。思い付きの政策は、時に大きな失敗を招くことがある。

スナク首相が英国の総選挙を7月4日に実施することにした理由

スナク首相が、2024年5月22日、7月4日に英国の総選挙を実施すると発表した。

前回総選挙が実施されたのは、2019年12月であり、5年の任期の終わる日は、2025年1月28日であり、それまでかなり時間の余裕があった。一方、スナク首相は、これまで次期総選挙は2024年の後半に想定していると発言しており、一般には、2024年秋、特に11月ごろになるのではないかと見られていた。

ところが、5月22日になって突然、総選挙のうわさが流れ始めた。欧州にいたキャメロン外相が予定を変更して早く英国に帰国するとか、シャップス国防相が海外に出発する時間を遅らせたなどといった話が出てきて、臨時の閣議が開催されるとの話が出てきて、そして総選挙が行われるという見込みが強まり、スナク首相が、その日の夕方、雨の降る中、官邸前で総選挙の実施を発表したのである。保守党の下院議員の多くもこの展開には驚いた。

なぜ、スナク首相は、7月4日に総選挙をすることにしたのか?幾つかの要因が考えられる。経済的、政策的、政治的、そしてスナク首相の個人的なものがあるだろう。

  • 経済的

5月22日朝、4月のインフレ指数が発表された。2.3%。事前に予想されていた2.1%より高かった。確かに、2022年10月には11.1%だったのが、かなり下がってきた。しかし、英国の中央銀行のイングランド銀行の公定歩合の引き下げは先になるとの見通しが広がり、さらに良くなるのを待っているよりも、少し状況の良くなってきた今の方が有権者に訴えやすいとの判断があったようだ。

  • 政策的

スナク首相が特に力を入れていたのが、フランスから小さなボートで渡ってくる不法移民の対策である。2代前のジョンソン首相が、そのような不法移民をアフリカのルワンダに送る案を出したが、まだ実現していない。英国の最高裁判所が、安全でないルワンダに送るのは違法だとしたが、スナク首相は、英国の議会主権の立場を使い、「ルワンダは安全な国だ」とする法律を通した。そして6月末から7月初めに開始するとした。そして、もし、欧州人権裁判所(EUとは別の組織)に訴え出るものがあれば、それは無視する方針だったようだ。しかし、北アイルランドの裁判所が、EUと英国の、主に貿易に関係するウィンザー・フレームワーク合意で定められた、ベルファスト(グッドフライデー)合意下の人権を弱めることはできないとの条項に反するとの判断を示した。さらに、欧州人権条約を離れることは、北アイルランドの長年のトラブルを解決したグッドフライデー合意に違反するとの見方が強くなり、スナク首相は、ルワンダに不法移民を送ることが極めて難しい状態となってきた。スナク首相は、ルワンダに移民を送るのは7月までに始まるとしていたが、それが守れなくなった。「選挙のタイミング」の著者、ニューヨーク大学のアラスター・スミスによると早く選挙をするのは将来の政策の失敗を予期している時だという。今回は、それが当てはまるケースではないかと思われる。その上、9月に入ると、保育所の受入拡大が実施されるが、保育所スタッフの不足など多くの問題が吹き出す可能性がある。

  • 政治的

世論調査の保守党支持率は上がらず、野党第一党の労働党に20%強の差をつけられたままだ。秋まで選挙を待っていると、保守党の下院議員から党首として不信任される可能性もゼロではない。さらに、首相の地位にすがりついているとの批判も受けやすい。

  • 個人的

スナク首相は、まだ44歳だ。保守党の強い選挙区から選出されているため、総選挙で落選する可能性は少ない。総選挙で保守党が敗れても、下院議員を継続すると発言したが、保守党が大敗する見込みの中、総選挙後、党首を辞任し、時期を見て政界から離れ、ビジネスの世界に復帰するように思われる。これまでとんとん拍子に出世し過ぎ、政治や行政のプロセスを十分に理解できないまま首相となった。高速鉄道HS2の北部路線の廃止決定の際に見られた混乱、さらに今回の突然の選挙でもスナク首相の優先法案が廃案になるなど、自分の施政を十分理解できていないような点が目立つ。今回の選挙は「大きなギャンブル」と言われているが、追い詰められて実施して大敗するよりも、少なくとも、自ら進んで早く実施すれば、「元首相」のビジネスマンとしてのこれからの経歴に与えるダメージが少なくなるだろう。

  • 英国は2院制。ただし、上院(貴族院)は公選で選ばれないため、公選で選ばれるのは下院(庶民院)だけ。上院で過半数を占める政党はない。スナク首相率いる保守党は下院の過半数を占め、スナク首相には、議会の信任があるとして、事実上、総選挙の期日を決定できる。総選挙の実施には英国の君主である国王の許可が必要だが、議会の信任のあるスナク首相にとっては、形式的なものである。

2024年7月4日は木曜日。英国では伝統的に木曜日に選挙が行われている