MRP選挙予測とタクティカルボーティング

2024年7月4日の総選挙に向けて、各政党は最後の2週間の選挙運動期間が残されるのみとなった。スナク首相が5月22日に総選挙の実施を発表してから既に4週間が過ぎた。総選挙が発表されてから現在までの総選挙各政党議席獲得予測は、MRP予測によると以下のようだ。

実施日調査会社標本数SNPLDPC
6月 7–12Ipsos19,68911545319384330
5月31 –6月13Survation42,2697245637562170
5月22– 6月2  Survation30,0447148726432030
5月24 – 6月1YouGov58,87514042217482200
(ソース:Wikipedia。いずれの結果も北アイルランドの18議席を除いたグレートブリテン島GBの632選挙区MRP予測。保:保守党、労:労働党、SNP:スコットランド国民党、LD:自民党、PC:プライド・カムリ、緑:緑の党、リ:リフォームUK 党)

なお、MRP予測は、2017年総選挙でYouGovが使い始めた手法である。2017年総選挙では、YouGovが結果を得た後、その結果を直ちには信じられず、発表を躊躇した。発表したのは、選挙結果が出てからだった。それ以来、議席予測は、英国ではMRPに移行している。

MRP予測では、それぞれの選挙区の様々な特徴、有権者のバックグラウンドや過去の投票行動を分析し、それにサンプル調査で出た結果を当てはめて予測する手法である。例えば、YouGovの5月24日から6月1日に実施したサンプル調査では、58,875のサンプル数であるが、これを単純に632選挙区(650選挙区から北アイルランドの18選挙区を差し引いたもの)で割ると、1選挙区当り93のサンプル数となる。すなわち、1選挙区当り100前後のサンプル数で、有権者の投票動向を分析している。

上記の4つの総選挙予測結果では、いずれも野党第一党の労働党の地滑り的な勝利を示している。よく比較されるのは、1997年のトニー・ブレア率いる労働党の地滑り的大勝利である。この総選挙では、当時の全659議席のうち労働党が418議席を獲得した。保守党は165議席だった。現在のMRP予測では、スターマー党首率いる労働党は、ブレア労働党を上回る勢いである。それでも英国ではよく、政治の1週間は長いと言われる。あと2週間で情勢が変わる可能性はゼロではない。

ただし、今回の総選挙で注目する必要があると思われるのは、タクティカルボーティング(戦術的投票)との関係である。これは、有権者が特定の政党を勝たせたくないと考える際、自分の支持政党ではなく、勝たせたくない政党を上回る可能性のある他の政党に投票することである。英国では、完全小選挙区制で、それぞれの選挙区で最多の得票をした候補者1人が当選する制度で、タクティカルボーティングがしやすい制度であるといえる。タクティカルボーティングは、これまでも使われてきたが、今回の総選挙では、有権者の反保守党フィーリングが例になく強い。

タクティカルボーティングを奨励する団体、例えば、Best for Britainは、上記のMRP予測のうち、Survationと提携して、その結果から6月17日にタクティカルボーティングのガイドを発表した。このガイドには、一部恣意的と思われる判断があるが、それぞれの選挙区で、Survationの分析した支持動向がわかる。

一方、Ipsosの分析では、保守党の候補者と他の政党の候補者との差が現在5%以内の選挙区が117あり、そのうち、保守党のリードしている選挙区が56、労働党のリードしている選挙区が48あるという。これらの選挙区では、特に保守党の候補者がタクティカルボーティングを警戒しているだろう。例えば、ジェレミー・ハント財相は、Survation(5月31日〜6月13日)での予測では、労働党の候補者の後塵を拝していたが、Ipsosではややリードしている。Best for Britainによると有権者の4割がタクティカルボーティングをして保守党に議席を取らせないつもりがあるという。このような状況の中で、候補者は、MRP予測の結果が広範囲に出回るのはいい気持ではないだろう。

一方、根拠の乏しい情報を選挙リーフレットに載せて、自党に有利なタクティカルボーティングを勧める問題も生じている。今回の総選挙は、一筋縄の分析が通用しない面がある。1997年の総選挙時には有権者の7割が自分の支持政党に投票したと言われるが、今回は、それがわずか4割になっているとの指摘がある。有権者の支持動向が流動的になっている中、総選挙の結果が注目される。

労働党の選挙ステラテジスト

2024年7月24日に行われる英国の総選挙では、労働党の勝利が確実と見られている。その労働党の選挙ストラテジーを担当しているのは、モーガン・マクスウィニー(Morgan McSweeney)である。マクスウィニーは、今や、左の政治勢力の中で、最も影響力のある人物と評されている

労働党のキア・スターマー現党首は、人権問題の法廷弁護士を経て、イングランド・ウェールズの検事総長を5年間務めた後、公共サービスの向上に取り組みたいと政治に方向を転換し、2015年の総選挙で下院議員に当選した人物である。労働党は、2010年と2015年の総選挙で敗れた後、労働党左派のジェレミー・コービン党首の下、党員数を大幅に増大させたものの、2017年、2019年の総選挙で敗北した。

マクスウィニーは、スターマーをコービン後の労働党党首として早くから白羽の矢を立て、スターマーが2020年にコービン後の党首選挙に立候補した時には、選挙責任者を務め、スターマー党首の下で、首席補佐官として党首の右腕となった。しかし、スターマーが党首となって、1年余りは補欠選挙で敗れるなど足並みの乱れが指摘され、選挙戦略担当に異動した。

マクスウィニーは、労働党の外部から雇われてきた人物ではなく、労働党の内部でのし上がってきた叩き上げである。アイルランド生まれで、17歳の時にロンドンに移住し、建設現場で働いていたという。それから大学に入ったが、挫折し、その後もう一度大学に入った。ブレア労働党政権の下で、北アイルランド和平をもたらした1998年ベルファスト合意(グッドフライデー合意)に動かせられ、労働党に入党した後、労働党で働き始めた。ブレア政権下では、ピーター・マンデルソンら労働党の中道グループに近かった。コービン党首下の左の強い労働党をより中道に戻そうと画策していた。

一方、スターマーの党首選の際には、労働党の左の勢力をあまり刺激しないよう、意図的に左寄りの政策を打ち出したと言われる。左の勢力は、それを「ウソをつかれた」と批判する。左の政策から次第に距離を置き、現在の非常に現実的なマニフェストにつながっている。

1年ほど前から、選挙準備にかかり、非常に慎重な選挙戦を進めている。選挙の候補者選びに神経を使い、左派の候補者を抑え、中道の候補者を増やすよう画策してきた。また、マクスウィニーの家族はスコットランドに住んでおり、スコットランドから毎週通ってきている。今回の総選挙では、スコットランドで圧倒的な下院議席を持つSNP(スコットランド国民党)対策が重点項目になっており、スコットランドでどの程度労働党が議席を獲得できるかが注目されている。マクスウィニーの妻もスコットランドの選挙区から総選挙に立候補している。

2010年から政権を担当している保守党が、まさに自壊的ともいえる状態で、歴史的な敗北を予想されている。時代が労働党に有利に動いているとはいえ、安全第一の選挙戦略とマニフェストでマクスウィニーの選挙戦略がどの程度実を結ぶか注目される。