低下する王制支持

エリザベス女王の在位70年を記念した各種のイベントが2022年6月初めに予定されている。1953年6月2日に王位に就いた96歳の女王への支持は強い。しかし、王制への支持は、低下してきている英国全体では58%が支持しているものの、スコットランドで王制を維持していくことに賛成する人は45%である。また、英国の若者(18から24歳)の支持は40%で、エスニックマイノリティーの人たちは、37%である。女王の在位60年時の世論調査では、69%が王制を支持していた。スコットランドでは50%だった。ムードは変わってきている。

一方、2022年3月にカリブ海諸国を訪れたウィリアム王子(チャールズ皇太子の長男で、皇太子の次の王位継承者)は、かつてのコロニアリズムから来る反感に直面した。時代は変わる。そして王制への支持も変化する。

5月5日地方選挙はそれほどジョンソン首相の痛手にならない

ジョンソン首相は、率いる保守党の議員の女性差別・蔑視問題やパーティゲート、高インフレ下の生活費の問題など、多くの問題を抱えている。世論調査の政党支持率では、野党第一党の労働党に6ポイント差をつけられている。保守党下院議員の中ではジョンソン党首(首相)を他のリーダーに入れ替えるべきだという声が強くなっているが、5月5日の地方選挙の結果とパーティゲートのスー・グレイの最終報告書を見てから決めるという議員が多い。そのため、この地方選挙の結果が注目されている。

ただし、世論調査の権威ジョン・カーティス教授によると(5月2日BBC Radio4 Today 2:41から)、この地方選挙は、それほどジョンソン首相の痛手にならないという。それは以下の理由による。

イングランド

  • 前回の地方選挙は2018年に行われたが、その当時の首相(保守党党首)は、ジョンソン首相の前任のメイ首相だった。この地方選挙では、労働党が、コービン前党首の下、よい結果を収めた。事前の政党世論調査は保守党と労働党がほぼ互角だった。現在、保守党は労働党を6%下回っているが、これは、票の動きでいうとその半分の3%の差となる。3%の差はそれほど大きなものとは言えない。
  • 今回の地方選挙の大半は、既に労働党の強い地域で行われる。保守党と労働党の競合している地域ならば比較的小さな票の動きで議席数に差が出やすいが、既にどちらかが強い地域ではそれほど大きな議席数の差にならない可能性がある。
  • いくつかの地域では、議会の過半数が保守党から労働党に移ることが予想されているところもある。ただし、労働党の強いロンドンではすべての議席が争われるが、ロンドン以外の地域では、ほとんどが議席の3分の1のみを争う選挙である。そのため、今回の選挙で地方議会の構成が大きく変わる可能性はそれほど大きくない。

スコットランド

前回の地方選挙は、2017年。スコットランドで非常に強いスコットランド国民党(SNP)は2017年には最も多くの議席を獲得したものの、不本意な結果だった。一方、保守党はスコットランドで2番目の良い結果を収めた。しかし、昨年のパーティゲート発覚以来、保守党の世論調査支持率は下がり、2位の労働党にも差をつけられ、2016年以来の3位となっている。労働党の復活という見方があるが、2017年に思い通りの議席を獲得できなかったSNPが議席を増やす可能性が高く、労働党の大きな議席増には結びつかない可能性がある。

これらの見通しから、この地方選挙がジョンソン首相の大きな痛手となる可能性は少ない。