7月4日英国総選挙

スナク首相が、2024年7月4日に英国の総選挙を実施すると発表した。それまで今秋の11月に実施されるだろうと見られていたが、急に予定を変えたのである。ただし、これは、率いる保守党に有利と判断したからではない。世論調査の支持率で野党第一党の労働党が44%の支持を得ているのに対し、保守党は20%あまり労働党を下回っている。

総選挙を発表したのは、5月22日の夕方であったが、その翌日の23日朝、公共放送のBBCラジオの看板番組Todayに出演したスナク首相は、元BBC政治部長になぜ今総選挙をするのかとの質問をされたのに対し、まともに答えられなかった。

次期総選挙投票に関する労働党の支持率は高いしかし、労働党そのものや労働党党首キア・スタマーそのものに対する評価は、2015年総選挙で敗れた労働党と党首エド・ミリバンドへのものと変わりはない。すなわち、2010年以来政権にある保守党と保守党党首への評価が大きく崩れたために、労働党に支持が移っている。崩れた政党のイメージとスナク首相の低い評価の下では、保守党に勝ち目はない。

なお、前回の総選挙は2019年12月に行われた。英国の現在の制度では、総選挙が行われた後、初めて議会が招集されてから5年後の日までに下院が解散されることになっている。すなわち、2024年12月17日までに解散されなければならないことになっていた。解散された後、選挙準備のため、選挙までに25日間の平日がなければならない。そのため、首相が解散しなければ、2025年1月28日までに総選挙が行われることになっていた。

前途多難のSNP

SNP(スコットランド国民党)党首でスコットランドの第一首相だったハムザ・ユーサフが辞任した後を受けて、かつて党首だったこともあるジョン・スイニーが新党首並びに第一首相に選出された。しかし、SNPの前途は多難だ。ユーサフの辞任の原因は、協力関係にあったスコットランド緑の党との合意を突如破棄し、政権内の準閣僚だった緑の党共同代表の2名を退任させ、それに反発した緑の党がユーサフ第一首相不信任案に賛成する動きを見せたことである。

新第一首相を選ぶ選挙では、7議席を持つスコットランド緑の党は棄権した。その結果、全129議席のうち63議席を持つSNPの指名したスウィニーが過半数を占め、第一首相に選任された。この結果、スウィニー政権は議会で過半数を持たない少数政権であり、これからは、各会派と政策ごとに協力して運営していくこととなる。SNPは、2007年の議会議員選挙で43議席を獲得して最大会派となった後、政権を無難に担当した経験がある。スウィニー第一首相は、2007年から財政担当の閣僚を務め、2007年から2023年までは、2人の第一首相の下、副第一首相を務めたベテランである。

スウィニーの抱える問題は、党内が環境問題やトランスジェンダーなどの問題で分裂していることだ。党是であるスコットランド独立の問題は、英国中央政府がそのような動きを認めないとしている中、行き詰まり感がある。

その中、SNPへの支持率が下降している。前回のスコットランド議会議員選挙は2021年に行われ、次期議会議員選挙は2026年の予定だ。あと2年間の時間がある。しかし、英国全体の下院議員選挙は2025年1月までに行われなければならず、2024年秋にも実施される見込みだ。もし、SNPが来るべき下院議員選挙で大きく議席を失えば、2026年スコットランド議会議員選挙にも影響を与えるばかりか、SNPのスコットランド独立運動にも大きな差しさわりが出る。ユーサフ前第一首相の動きは、英国総選挙を見据えた動きであった。

スコットランドの英国下院における勢力

政党名2019年結果議席現有議席
SNP4843
保守党67
自民党44
労働党12
ALBA未設立2
無所属 1
SNPは2019年から5名の議員を失った。2名は、ALBAへ移り、1名は、保守党に移り、1名は無所属となり、1議席は補欠選挙で労働党に敗れた。

一方、スコットランド地域の直近の世論調査(Norstat :2024年4月9日から12日実施)では、以下のようになっている。SNPは2019年総選挙時の支持率では、他の政党よりも圧倒的に強かったが、昨年末から現在までの支持率は労働党と拮抗している。

政党名SNP保守党労働党自民党緑の党その他
支持率321632948
2019年支持率4525.118.69.51.00.8
SNPは2019年から5名の議員を失った。2名は、ALBAへ移り、1名は、保守党に移り、1名は無所属となり、1議席は補欠選挙で労働党に敗れた。

次期英国下院総選挙では、スコットランドでの下院議員数は、2019年の59議席から57議席に減る。SNPの獲得議席予想には、19議席YouGov: 2024年3月7日から27日調査, 並びにElectral Culculous:2024年5月発表)があり、2019年時の48議席より大きく減少する勢いであり、SNPはかなり厳しい立場に追いやられている。

新党首の役目は党内をまとめ、態勢を立て直し、各種選挙に備えることだが、前途は多難だ。