トップ公務員の任命英国流(Who to appoint for a top position?)

財務省は、日本と同様、英国でも政府の中で最も重要な機関である。その英国財務省の国家公務員ナンバー2の第二事務次官に43歳のジョン・キングマン(John Kingman)が10月に着任する。キングマンは、2010年から投資銀行のRothschildのglobal co-head of Financial Institutions Groupを務めた。ニコラス・マッカーファソン(Nicholas Macpherson)事務次官の下で、構造改革、銀行規制、そして経済政策などに取り組み、政府が最も苦しんでいる経済成長を担当する。これは、非常に大変な役割だ。現在の連立政権の命運がかかっている。キングマンは、Rothschildへ移る前、38歳で第二事務次官となった人物で、かつてフィナンシャル・タイムズ紙やBPで働いたこともある。

一方、財務省のもう一つの重要な柱である財政は、同じく43歳のトム・スコラ―(Tom Scholar)が第二事務次官として担当する。スコラーも39歳で第二事務次官となった。

英国の財務省のスタッフには、民間に引き抜かれる人が多く、入れ替わりが激しいのは事実だが、優秀な人材を早くから抜擢する傾向が強い。ファーストストリーム(Fast Stream)と呼ばれる「特進」制度で国家公務員となった人を、実績がないのに抜擢するのは危険だが、きちんとした実績を上げている人は、年齢にこだわらずに抜擢することはあたり前のことのように思える。

Comments are closed.