キャメロン首相就任以来最悪の週(The Worst Week for Cameron)

どの政治家にもこのようなことが起きるといえる。問題が一挙に吹き出ることだ。キャメロン首相は、労働党首相だったハロルド・ウィルソンの言った「政治では1週間は長い」言葉が実感していると思う。

2週間ほど前には、訪米したキャメロン首相をオバマ大統領が丁重にもてなし、キャメロン首相の威信が増したと見られた。ところが、先週の予算で、年金生活者からお金を奪ったと言われ、「おばあちゃん税」と名付けられ大きな批判を浴びた。

そして先週末の「巨額の政治資金で首相に面会」暴露事件だ。首相官邸の上の首相が家族と住んでいるアパートへ招待したゲストリストは発表しないとしていたがマスコミからの圧力に屈し、結局発表。

その上、コーニッシュパスティやパイなどの温めた食べモノへVATをかける「パスティ税」を正当化しようと首相自らがパスティを食べたと言ったが、ウソだと発覚。

またタンクローリーの運転手たちがストライキに賛成したことからストライキの日も決まっていないのに国民に車のガソリンタンクを満杯にする、ガソリンやディーゼルオイルなどを予め買っておくようにとアドバイスしたことからパニック買いが始まった。当初政府はジェリカン(灯油缶と同じ)で買いだめしておくようにと勧めたが、消防などからそれは危険だといわれ、そのアドバイスを取り下げた。ところがモータリストは、ガソリンタンクを満杯にした上、ジェリカンでも買っている。そのため、ガソリンスタンドには長い行列ができ、しかも売り切れのガソリンスタンドが次から次に出ている。マスコミは、これを政府が自ら引き起こしたパニックだと政府を批判。

この中、世論調査では、野党の労働党が支持率で、キャメロンの保守党に10ポイントの差をつけている。3月30日にわかったYouGovの世論調査によると、保守党34%、労働党44%、そして自民党8%。YouGov以外でもComResも数日前に労働党の10ポイントリードを記録している。ComResの場合、これほど労働党がリードしたのは2005年以来だという。

Comments are closed.