政治家への専門家のアドバイス

2010年総選挙の3党首TV討論で自民党のニック・クレッグ党首が大きな成功を収め、クレッグブームが始まったが、その陰でクレッグは専門家のアドバイスを受けていたことがわかった。しかもこの専門家は、8月初めのスコットランド独立住民投票に関するTV討論で、独立反対側のアリスター・ダーリング前財相にもアドバイスしていたという。ダーリングはその生真面目すぎる性格で面白みや迫力に欠けると見られていた。そのため、討論で賛成側のスコットランド首席大臣のアレックス・サモンドに劣ると思われていたが、しつこく通貨の問題でサモンドに答えを迫り、予想を裏切り、ダーリングに軍配が上がる結果となった。 

この人物はスカイニュースのニュース・プレゼンターだったスコット・チゾム(Scott Chisholm)である 

この人によると、自分の言いたいことをわかってもらうには、簡単な言葉で話すことが大切だという。イギリスの代表的な経済紙ファイナンシャルタイムズは12歳にわかるような言葉を使って書いているとし、一般の大衆紙は8歳から9歳を念頭に置いているそうだ。新聞雑誌記者と話す時にはこのことを考えておかなければならないと警告している。

また、テレビの視聴者に話す時には、視聴者が10歳の子供のように話すことが必要だという。もし、聞き手が、話を聞いてすぐに理解できず、頭の中でプロセスしなければならないようなら、その次の3語から6語が頭に入らないという。つまり、10歳の子供が聞いてすぐにわかるような話をしなければならないというのだ。 

これは、恐らく、政治家に限らず有用なアドバイスだと思われる。

Comments are closed.