保守党の次の党首

ロンドン市長のボリス・ジョンソンが来年の総選挙に立候補したい意思を表明した。ジョンソンは、労働党の強いロンドンで2008年には現職のケン・リビングストン、そして2012年にもリビングストンを2続けて破った、人気のある保守党政治家である。私立有名校のイートンそしてオックスフォード大学で古典を学んだ人物であるが、誰ともでも気さくに話し、当意即妙のユーモアのある話で人を惹きつける人物である。

保守党の党大会では、人気のあるジョンソンの話にジャーナリストが引っ張られることを防ぐために、キャメロン首相とオズボーン財相とは異なる日に時間を限ってジョンソンを登場させるほどで、その「集客力」には大きなものがある。

ジョンソンは2012年の市長選で、2016年までの市長任期を全うし、他の選挙には出ないと約束していた。そのため、この時点での立候補にはもちろん批判があるだろう。しかし、多くは、ジョンソンの立候補を半ば予測していた。ジョンソンには、保守党党首、そして首相となる野心があり、次期党首選に備えるのではないかと見ていたからだ。 

ジョンソンはこれまで多くの問題を起こしてきた。女性問題を否定したが、それが本当であることがわかり、保守党のマイケル・ハワード党首から影の内閣のポストを首になったこともある。これまでの多くの不行跡をBBCの番組で詰問されてその政治生命が危ういと思われたこともあるが、ジョンソンはこれらを乗り越えてきた。それを考えると、この「小さな約束違反」がスキャンダルに打たれ強いジョンソンの政治家としての命運に影響するとは考えにくい。

なお、前市長のリビングストンは、労働党の下院議員時代の2000年に市長に当選したが、2001年の総選挙まで下院議員とロンドン市長の二つを兼職した。ジョンソンは、過去に2期下院議員を務めたことがある。来年下院議員に復帰すれば、1年間二つの職を兼職することになる。キャメロン首相は次期総選挙で保守党の得票を高めるためにジョンソンの下院議員復帰を求めたいきさつがあるだけに、保守党が次期総選挙で勝っても、ジョンソンの兼職には協力するだろう。

ただし、多くの人の焦点は、来年の総選挙で保守党が敗れたときのことである。その際にはキャメロンが党首を退き、新党首が選出されることとなる可能性が強い。ジョンソンが下院議員となっていれば、党首選に出馬できるが、下院議員でなければ、そのチャンスを逃しかねない。それでも、もしジョンソンが党首となれば、その時にはロンドン市長を継続することは難しいだろうと思われる。

なお、イギリス名物といってもよい賭け屋の賭け率を見ておこう。大手のウィリアム・ヒルの次期保守党党首の賭け率は以下のとおりで、ジョンソンがリードしている。

ボリス・ジョンソン(ロンドン市長) 5-2
テリーザ・メイ(内相) 4-1
ジョージ・オズボーン(財相) 10-1
マイケル・ゴブ(院内幹事長) 12-1

スコットランド独立に関するTV討論

918日、スコットランド独立に関するスコットランド住民による投票がある。あと6週間ほどとなった。そして85日に独立賛成側のアレックス・サモンド首席大臣(スコットランド国民党)と反対側のアリスター・ダーリング前財相(労働党)のテレビ討論が行われた。

まず、2人の背景は以下のとおりである。スコットランド議会で過半数の議席を占めるスコットランド国民党(SNP)は、スコットランドの独立を唱えて設立された政党であり、サモンドはその党首である。

2011年スコットランド議会議員選挙129議席の内訳

政党

選挙区

比例区

議席合計

議席数 得票率 議席数 得票率
SNP 53 45.4 16 44.0 69
労働党 15 31.7 22 26.3 37
保守党 3 13.9 12 12.4 15
自民党 2 7.9 3 5.2 5
スコットランド緑の党 2 4.4 2
無所属 0 0.6 1 1.1 1

一方、スコットランドで最もウェストミンスターの下院の議席の多いのは労働党であり、主要3政党はいずれもスコットランドの独立に反対している。 

2010年総選挙のスコットランドの59議席の内訳

政党 議席数 得票率
労働党 41 42.0
自民党 11 18.9
SNP 6 19.9
保守党 1 16.7

つまり、賛成側のSNPと反対側の労働党の代表者がそれぞれの立場を代表してTV討論に出た。

2010年のイギリス全体の総選挙の際に主要3政党の党首討論が行われた。キャメロン(保守党)、ブラウン(労働党)、クレッグ(自民党)のTV討論は3回行われ、その中でも1回目が最もインパクトが大きかった。クレッグは特に目立つことを発言したわけではないが、フレッシュな印象を与え、討論直具の世論調査で圧倒的な支持を得た。史上初めての総選挙時の党首討論であったために注目度も高かった。第2回目、3回目には視聴者の数も減り、クレッグ以外の党首も戦略を見直し、話し方を変えたため、差がなくなった。 

スコットランドの独立に関するTV討論では、今のところ次の予定ははっきりしていないが、もし行われてもそのインパクトははるかに少ないと思われる。 

今回のTV討論は、スコットランドの民放のSTVが行った。BBCSTVにイギリス全体でもBBC経由で映像を流すことを申し入れたが、断られたと言われる。そのため、スコットランド以外ではこの討論を見るためにインターネットに頼る必要があったが、グリッチがあり、何度も映像が止まった。視聴者が多すぎたためと言われる。これにはSTVも放映中から謝罪していた。

さて、この討論は午後8時から10時近くまで2時間近く行われた。討論直後の世論調査では、独立反対側のダーリングが賛成派のサモンドを5644で破った。この世論調査ではサンプル数が512と少なく、必ずしも決定的なものとは言えないが、ここでいくつか感じたことに触れておきたい。

二人の議論は反対派のダーリングが、不確かな点が多すぎる、サモンドは独立しても十分にやっていける、スコットランドと同規模または小さな国を見てみよ、という基調で展開した。

ダーリングの攻撃はスコットランド独立後の通貨の問題に象徴される。イギリス政府側は、現在の通貨ポンドを使わせない立場だ。一方、サモンドはポンドを使う意向だ。

ただし、もし住民投票で独立反対派が多数を占めれば、イギリス政府の状況は完全に変わると思われる。歴史的に関係が強い隣国を敵に回すのは得策ではないからだ。これはEUの加盟問題もそうだろう。イギリス政府の通貨の立場は、単に交渉のオープニング・ガンビットに過ぎないと思われるからである。

もしスコットランドが独立することになれば、イギリスの資産の分割や対外関係などすべてにわたって詳細な交渉が必要となる。その交渉の中で例えば、短期間の移行措置としてスコットランドがポンドを使うことを認めるということも可能だろう。むしろそのような措置は必要不可欠ではないだろうか。それが、例えば数年延びたところで大きな問題となるとは思えない。

この問題に関連して、キャメロンがサモンドと討論しなかった利点の一つはここにあると思われる。ダーリングは通貨の問題を執拗についたが、キャメロンにはそのようなことはできなかっただろうからだ。キャメロンはイギリス全体の首相として一方的な発言をすることは難しいからである。

ファイナンシャルタイムズ紙のコメンテーターは、このTV討論を「熟練の弁護士と一流の政治家」の対決だったと評したが、弁護士で派手さのないダーリングは、サモンドに負けなかったことでその役割を果たしたと言える。サモンドはこの討論で劣勢の独立賛成運動に火をつけたかったが、それに失敗した。

 

労働党の選挙投票方法変更案

労働党は、来年5月に行われる予定の総選挙のマニフェストに投票方法の変更を入れるとサンデータイムズ紙が報じた

労働党は、既に、これまでの18歳以上に付け加えて、16歳と17歳に投票権を与える計画だが、それに付け加えて、投票方法を大幅に変更する構えだ。 

現在イギリスでは投票は木曜日に午前7時から午後10時まで、指定された投票所で、有権者名簿に載っている人が行う。カーン影の法相は、これは既に時代遅れだという。

有権者名簿には、現在、世帯主が地方自治体から送られてきた書類に記入して事前に登録することになっている。それを投票日に登録することも可能にするという。

選挙委員会の調査によると、登録している人は実際に投票権のある人の85%以下で、750万人が登録漏れしているためだ。特に、19歳から24歳の有権者では56%しか登録していないという。

投票時間は、それぞれの都合に合わせて、学校、図書館、スーパーマーケットなどでも行えるようにする、また投票日や時間も投票日を週末や、場所によっては1週間に延長するなどの策を講じるという。 

保守党は、世帯主による有権者登録ではなく、個人登録に変更する案を持っている。これで郵便投票などによる不正投票を防ぐと言う。これにはその効果があるものの、実際には保守党の党利党略と言える。個人登録となれば登録率は現在よりも下がるだろう。現在でも労働党の強い比較的貧しいところで登録率が低いが、それがさらに下がれば、登録者の数に基づいて選挙区区割りを見直すために、保守党の強い選挙区が増え、保守党に有利となるためだ。

労働党は、この保守党案に対する対案を提出する必要があると思われる。ただし、この報道で見られるような策を実施しても、有権者のアパシーを減らし、投票率が上がるかどうか必ずしも明確ではない。有権者の混乱を招くだけとなるような印象を受ける。簡単明瞭な制度が必要だろうが、それにはもう少し慎重な検討が必要だと思われる。