議員の離党で苦境に陥った保守党

保守党の下院議員ダグラス・カースウェルが突然離党し、イギリス独立党(UKIP)に移り、イギリス政界に大きな衝撃を与えた。カースウェルは、党を替えたため再び選挙の洗礼を受ける必要があると自発的に議員を辞職したため、補欠選挙が行われる。その選挙区の世論調査の結果、カースウェルが地滑り的大勝利を収めることが確実であることがわかり、政界は再び大きなショックを受けている。 

2010年総選挙でUKIPはこの選挙区で候補者を立てなかったが、この世論調査では、その時と比較して以下のような結果が出た。()内は2010年総選挙との比較。保守党20%(-33)、労働党13%(-12)、自民党2%(-11)、そしてなんと UKIP 64%(+64%)である。

カースウェルの地元選挙区でのこれまでの活動ぶりは非常に高く評価されているが、それを受けて、UKIPに投票すると言う人の3分の1がカースウェルを気に入っているから投票するという。UKIPが気に入っているから投票するという人は57%、現在の政治に不満を持っているのでUKIPに投票するという人が9%という結果だった。イギリスでは一般に有権者は政党に投票する。これほど高い個人票を集めるのはかなり異例である。

この補欠選挙は保守党大会直後の10月上旬に実施すると見られている。6月のニューアーク補欠選挙で行ったような運動員の大量動員を行うと思われるが、それがどの程度の効果を生むか注目される。どのような結果となっても保守党の次期総選挙の準備に大きな影響を与え、多くのエネルギーを奪うのは間違いない。

もし、この世論調査で示されたような結果が出れば、保守党を大きく揺るがせ、さらに保守党からUKIPへ移る議員が出るばかりか、保守党は、1997年総選挙で欧州統一通貨問題を巡って混乱に陥ったようになる可能性がある。当時存在したレファレンダム党に票を奪われることを恐れた保守党下院議員たちが、当時のメージャー保守党政権の方針に反して、勝手に欧州統一通貨反対を訴え出したのである。結局、メージャーはそれを自由にさせることになり、保守党の地滑り的大敗の一因となった。

移民の数が再び増加

キャメロン首相は、2010年の総選挙で、2015年までに年間の移民数が10万人を下回るようにすると約束した。しかし、この望みは到底かなえられないことがはっきりとした。この3月までの1年間で、正味の移民の数が24万3千人だったと統計局が発表したからだ。この統計は3か月ごとに発表されるもので、来年5月に予定される次期総選挙まであと何回かの機会があるが、その結果が10万人以下を下回る可能性はほとんどない。

正味の移民の数は、居住するために移入した人の数から、海外に移出した人の数を差し引いたものである。政府は移入者の数をコントロールできたとしても、移出者の数はコントロールできない。しかもEU内(若干のEEA加盟国も含む)からの移入は、域内の移動の自由のために、コントロールできない。

最近の正味移民数の増加は、その3分の2がEUからである。EUは景気が停滞しているが、イギリスは向上している。すなわち、これらのEUからの移民はイギリスに仕事を求めてくる。一方では、それぞれの本国の景気が上向かないと帰国する意欲はそう大きくならない。また、イギリスからオーストラリアやニュージーランドなどへの移住は、イギリスで仕事が求められるのでそう大きくない。

つまり、正味の移民数の数を一定の数字までに抑えると約束したこと自体に欠陥がある。コントロールできないのに約束を守ることはできないからだ。 

一方では、イギリスの景気回復はキャメロン首相、オズボーン財相の求めたことである。その経済はまだぜい弱だと言われながらも、成長率がG7でトップである。自分たちの成功で自分たちの首が絞められている形になっている。もちろん移民の問題に国民の関心がなければ別だが、国民の最大の関心事の一つである。

正味の移民の数(暦年12月末まで)は以下の通りである。

(2011年までは2014年4月の統計局数字。2012年と2013年は暫定値) 

このままでは、キャメロン首相が2010年の総選挙で、多すぎると主張した当時の移民数を大きく下回ることは困難で、移民の数をそれほど減らせなかった(もしくは増える可能性もあるが)キャメロン政権下の移民政策の責任を問われることは必死の状況である。

なお、統計局の発表では以下の点にも触れている。

  • 2013年には、イギリス住民の8人に1人(12.4%)が外国生まれだった。2004年には11人に1人(8.9%)だった。
  • 2013年には、イギリス住民の13人に1人(7.8%)がイギリス国籍を持っていなかった。2004年には20人に1人(5%)だった。
  • 2013年には、イギリス以外のEU国籍を持つ住民の数(250万7千人)が、それ以外の国籍を持つ人の数(239万4千人)を上回った。2004年に人口動態調査を始めて以来、初めてのことである。
  • 2013年には、国外で生まれた人の最多出生国はインドで、推定73万4千人(海外生まれの人の9.4%)だった。
  • 2013年には、イギリス国籍を持たないイギリス住民で最も多いのはポーランド人で推定72万6千人(非イギリス国籍者の14.8%)だった。