保守党の党首選挙実施方法

新型コロナの拡大を防ぐため、法律で国民の厳しい行動規制が行われてきた。その中、首相官邸などでパーティなどの集まりがたびたび開かれており、法律を破っていた疑いが出てきた。ボリス・ジョンソン首相らは自分たちにはこれらの法律は当てはまらないと思っていたのか、と国民の批判が高まり、内閣府の第二事務次官スー・グレイの「パーティゲート」調査が始まった。この調査は、1月25日には完了したと伝えられる。ところが、まもなく発表されると見られていたこの調査報告書は、1月28日現在、発表されていない。ロンドン警視庁が、1月25日、グレイからの連絡を受け、この関連の犯罪調査を進めると発表した。ロンドン警視庁は、グレイの報告書の発表は進めてもらってよいとしていたようだが、突如、それは困ると言い出したようだ。

グレイの報告書は、ジョンソン首相の将来に大きな影響を与えると見られている。すでにかなりの数の保守党下院議員がジョンソン首相の不信任投票実施を求める手紙を提出しているといわれるが、ここでは、もし保守党党首の不信任投票が行われればどうなるのか、確認しておきたい。

①保守党の党首不信任投票が行われるのは、保守党下院議員の15%(2022年1月28日現在、保守党下院議員の数は359人で、その15%は54人)が不信任投票を求める手紙を、保守党の無役下院議員の会「1922委員会」の会長に提出した場合である。1922委員会は、保守党の党首選を実施する機関である。

②党首不信任投票を求める保守党下院議員が54人以上になれば、保守党下院議員による秘密投票(誰がどう投票したかがわからない仕組み)が行われる。

ここで、党首への不信任が可決されれば(180票)、新しい党首を選ぶための党首選が実施される。なお、現党首は党首選に立候補できない。

もし、現党首への不信任が否決されれば、党首は続投し、それから1年間は再び不信任投票を実施できない(ただし、この制限を半年にしようとする動きが1922委員会内にあるようだ)。

③党首選に立候補するためには、8人の保守党下院議員の推薦(提案者1人、提案賛成者1人、それに支持者6人)が必要である。

党首選に投票できる人は、候補者の数が2人になるまでは保守党下院議員である。

第1投票では、5%以上の得票(18人以上)で次の段階に進むことができる。

第2投票では10%以上の得票(36人以上)で次の段階に進むことができる。

第3投票以降は、最低得票者が脱落していく。この作業は、候補者が2人に絞られるまで続く。なお、立候補者が2人だけの場合には、このプロセスは必要なくなる。

④保守党党員全体の投票で、最後の候補者2人のうち1人が選ばれる。

なお、マイケル・ハワードの選ばれた2003年保守党党首選(候補者が複数いなかった)やテレーザ・メイが選ばれた2016年保守党党首選(最後に残った2人のうちの1人が辞退した)には党員投票は実施されていない。

パーティゲートの調査

内閣府の第二事務次官スー・グレイが、コロナ規制で集まりが厳しく規制されている中、首相官邸などで行われた集まりについての調査を進めており、その結果は1月末までに発表される予定だ。当初この調査の範囲には、特定の日に首相官邸と教育省で行われた集まりが挙げられていたが、次々に規制違反の疑いのある集まりが報道され、その範囲は拡大した。今ではこの一連の集まりは「パーティゲート(米国のウォーターゲートにちなんだ表現)」と一般に称されている。真夜中過ぎまでミュージックつきで行われていたものもあるようだ。なお、ここでいう規制違反には、コロナ拡大対策のために特に立法したものと必ずしも法的効力のないガイダンスなど様々なレベルのものがある。

ジョンソン首相は、この調査の結果が出るまで、自分や首相官邸のスタッフらがコロナ規制に違反する行動をしたかどうかの判断は待ってほしいと主張してきている。保守党内では、ジョンソン首相(保守党党首)への不信任の動きがあるが、グレイの調査の結果が出るまで判断を控えている保守党下院議員も多いようだ。

グレイの調査に対して、国家公務員の調査は当てにならないという見方もある。グレイの調査は、利害関係者の関与しない調査ではない。また、チームで行っているものの、基本的には一人の国家公務員の調査である。ただし、グレイがかつて行った同様の調査で大臣が更迭されたこともあり、グレイは普通の国家公務員ではないと恐れられている面もある。

この調査の結果がどのようなものとなるかについては、懐疑的なものが多い。特に、この「調査の範囲」の末尾にある「結果(findings)」は、すべての調査資料が公表されるのではなく、その概要に留まるのではないかと見られており、警戒する向きがある。また、この調査を命じたのは、ジョンソン首相であり、首相にこの報告書を提出することとなる。しかも自分も含めた閣僚の行動の可否を判断するのは首相であるため、グレイのできることには限界があるとする見方もある。

いずれにしても、ジョンソン首相の現在抱える問題は、「パーティゲート」だけではない。ジョンソン政権の他の政治倫理の問題もある。保守党下院議員を統制するために、選挙区への補助金をカットするぞとか、信用を失わせるような情報をばらまくなどと脅す、いわゆる脅迫の手段を使っていた疑いがある。この脅迫は、ジョンソン首相を保守党党首・首相にふさわしくないと公言している下院議員に対して特に強く行われているようだ。さらに、イスラム教徒の準大臣を更迭するのに、保守党院内幹事長が、イスラム教徒では他の大臣が不快だという理由も挙げていたという疑いが出てきている。イスラム教徒への差別問題である。ジョンソン首相のリーダーとしての人物を疑う話が、次から次に出てきている状況だ。

グレイの調査では、該当日の首相官邸の出入りのタイムカードを調べている、首相のアパートでの集まりも調べているなど、非常に細かな調査が行われているといわれている。結果がどのようなものとなるか注目される。ただし、どのような結果となろうとも、世論調査では、既に保守党並びにジョンソン首相への支持は急落しており、それを挽回できる可能性は極めて乏しいといえる。