北アイルランド100周年

北アイルランドが生まれて、100周年。これを記念してキリスト教各会派が集まり、2021年10月21日に式典を催すが、それへの招待をアイルランド共和国のヒギンズ大統領が断ったことがニュースになっている。

英国の北アイルランドは、アイルランド島にある。アイルランド島はもともと英国の一部だった。自治を求めるアイルランドのカソリック教徒にアイルランド島の南で自治を認め、英国本土のグレートブリテン島に近い北部に、アイルランド島全域のプロテスタント教徒やグレートブリテン島からの移住者の子孫らを集めて北アイルランドの行政区を設けたのは1921年である。それ以降、北アイルランドを南部の現在のアイルランド共和国と併合させる運動が今でも続いている。血を血で洗うようなトラブルズという時代を経て、1998年のベルファスト(グッドフライデー)合意で事態は落ち着いてきている。

北アイルランドのアイルランド共和国への併合を求める人たちをナショナリスト、それに反対して、北アイルランドの英国との関係を維持することを求める人たちをユニオニストと呼ぶ。ナショナリストの中で、武力を使ってでも目的を達成しようとする団体に「IRA暫定派(Provisional Irish Republican Army)」があったが、この団体の政治部門が現在のシンフェイン党に脱皮し、ベルファスト合意に署名し、IRA暫定派は武器を捨てたと宣言した。しかしながら、この動きに納得しないIRAの分派が今でもまだ活動しており、その中で「新IRA」と呼ばれる団体の銀行口座が凍結されたとの報道がある。

ヒギンズ大統領は、これまでの対立の歴史からの和解に力を尽くしてきた人物だと考えられているが、記念式典への招待を断ったのは、そもそも北アイルランドを設けたことに不満を持つ人たちに配慮したためではないかと思われる。

北アイルランドの問題は簡単なものではない。アイルランド共和国の副首相(前首相)レオ・バラドカーが今年6月に「自分の生きている間にアイルランドが統一されるかもしれない」と発言して議論を呼んだが、その前の4月のBBCの世論調査では、北アイルランドとアイルランド共和国のそれぞれの住民の過半数が、25年後には北アイルランドはアイルランドに統一されているだろうと見ていることがわかっている。

北アイルランドの行方

英国の北アイルランドは、アイルランド島にある。島内のアイルランド共和国と国境で隔てられているが、この国境は地図上のもので、国境を超える時に通過しなければならない税関やチェックポイントのようなものは実際にはない。

これは、もともとアイルランド共和国が英国から分離して生まれ、その後の歴史的な関係を反映したものだが、この北アイルランドの地位は、英国がEUを離脱するブレクジット交渉の際に大きな問題となった。アイルランド共和国は今もなおEUのメンバーだが、英国はEUを離れ、EU外の国である。そのため、同じアイルランド島にある、北アイルランドとアイルランド共和国との間の関係を調整する必要ができたのである。妥協策として合意した、英国とEUとの間の貿易上のプロトコール(ルール)は、今になって英国側が受け入れられないとして再交渉を求める展開となっている。

その中、北アイルランドの住民の考え方も変化してきている。北アイルランドが英国から別れて、南のアイルランド共和国と統一されるべきかどうかという点では、最近の世論調査によると、北アイルランドをアイルランド共和国と統一するべきかどうかという「国境投票(Border Poll)」を5年以内に実施すべきだという人が37%、それ以降に実施すべきだという人が31%と、合わせて住民の3分の2になっている(そのような投票はすべきではないという人は29%)。なお、もしそのような国境投票があれば、英国に残るべきだという人は49%、アイルランド共和国と統一されるべきだという人は42%である。問題は、英国がEU離脱交渉を始めて以来、北アイルランドがアイルランド共和国と統一されるべきだという人の割合が増えてきている点だ。

同じ目的を持つ国境投票は、1973年に実施されたことがある。最初から結果がわかっていたからこそ実施したということがあったのだろうが、その際、ナショナリストと呼ばれる、アイルランド共和国との統一を求める人たちは、その投票をボイコットした。結果は、投票率58.7%で、98.9%が英国に残りたいであった。その時に採用された国境投票の制度は、1998年のベルファスト(グッドフライデー)合意で受け継がれた。そのような国境投票は、英国の北アイルランド相が実施時期の裁量権を持つが、北アイルランドの半数以上が統一支持になれば、実施しなければならないことになっている。ただし念頭に置いておかなければならないのは、2016年の英国のEU離脱の国民投票でも予想を裏切って離脱が多数を占め、離脱することになったように、特に現在のような世論の動きの中で、国境投票を実施することは大きなギャンブルであり、英国は北アイルランドを失う可能性がある。

現アイルランド共和国副首相で、前首相のレオ・バラッカーは、自分の生きている間にアイルランドが統一されるかもしれないと示唆し、英国政府はそれに強く反発したが、その可能性も出てきた。ブレクジットの中長期的な結果が、国境投票が行われるかどうか、または行われた場合、その結果を左右するだろう。

北アイルランドでは、ジョンソン首相の業績を悪い、もしくはひどく悪いと評価する人が79%にも上っており、将来、北アイルランドが英国を離れるというような事態が発生すれば、EU離脱国民投票で離脱派のリーダーだった上、首相としてブレクジットを推進したジョンソン政権が、その大きなきっかけを作ったと批判されかねない状態となっている。