英国の視学官の学校訪問の仕方(How English School Inspectors Do)

2013年7月3日のタイムズ紙の付録の7ページに、イングランドの学校視察官の学校訪問の随行記が掲載されている。学校視察はどのように行われるのだろうか?

対象の学校

(1)この学校はロンドン郊外のリッチモンド・アポン・テムズのハムということころにあるグレイ・コート・スクールである。11歳から16歳の生徒の通う中等学校で、貧しい地区の読み書きの能力の低い子供たちが多いという。さらに生徒の19%は英語が母国語でない。近所にカウンシルエステイト(地方自治体の公共住宅の団地)がある。これはよくカウンシルハウスと呼ばれる。地方公共団体からそのアパート(フラットと呼ばれるが)を購入して住んでいる人もかなりいる。しかし、一般には貧しい人たちが多く、福祉手当で生活している人たちも多い。

(2)この学校は10年前に不適当校と認定された。現在の校長が赴任した2007年に可(Satisfactory)となり、2010年にも可。

(3)GCSEの試験結果は、過去3年間向上している。昨年、68%の生徒が英語と数学を含み、少なくとも5つのGCSE科目でCもしくはそれ以上を獲得した。今年の目標は81%。

なお、GCSEとは中等教育修了到達度試験のことで、必須科目と選択科目を受験し、到達度の最も高いA*から順にA、B、C、D、E、F、Gで評価される。履歴書にはこれらを書き込む必要がある場合が多い。日本のような一般的な学校修了証書とは異なる。

校長

50代の女性、マギー・ベイリー。これまで、達成度が低く、教員の入れ替わりの多い(英国では本人の意志で転職・転校する)困難校で多くの経験を積んできた人。

視察の評価

かつては4段階で上から優(Outstanding)、良(Good)、可(Satisfactory)そして不適当(Not adequate)とし、可で合格とされていた。しかし、2012年1月に就任した、視学官の責任者(Chief Inspector of Schools)マイケル・ウィルショーが、優と良のみが学校として許されるべきであり、可は向上する必要があるとして、基準を変えた。ウィルショーはイングランド学校教育水準局の(Ofsted)のトップである。なお、Ofstedは独立機関。(ウィルショーについては、参照http://kikugawa.co.uk/?p=205)

なお、2013年の最初の3か月間で717校が向上の必要があると判定され、さらに115校が不適当と評価された。

この期間に、4分の3の学校が良以上と評価されており、昨年に比べてその数が9%向上している。ウィルショーのアプローチの効果が出ているようだ。

視察 

視察前日の午後12時10分にOfstedから学校に電話。校長は外出中で、連絡を受け、すぐに帰校。ウィルショーの方針で、連絡は前日に行われることとなっている。

校長は、用意していた視察対応計画を実施。生徒を学年ごとに集めて視察の説明。教員たちへのアドバイス。

当日午前7時半、4人の視学官が学校到着。視学官は、4人。上級視学官、大学の学者、元校長、それにアカデミー校グループの副校長。

午前8時 校長と学校の幹部スタッフと視学官たちのミーティング。40分。校長らからの説明。急速に向上しているので良と評価される価値があると主張する。

視学官からの質問例
・解雇問題のある教師はいるか?
・授業援助の必要な教員の数は?
・見てほしくないことがあるか?
・GCSEの試験を年齢より早く受ける生徒の数は?
・優秀な生徒の能力をどのように伸ばしているか?

視学官の授業査察
・手分けして授業を見る。
・内容と教え方の査察
・教員の授業プラン書を確認
・生徒と会話、それぞれのノートを見る。教師の書き込んだコメントなども確認。

一日の査察の後、視学官が教員にフィードバックを与える。緊張のあまり泣き出す教員もいる。

そして校長ら幹部スタッフとのミーティング。一日目の査察後の暫定的な評価を与える。28の授業を査察した結果を4つの分野について1から4の4段階で評価。

校長からのコメント。一日目の授業では、教員がピリピリしており、それぞれの能力がきちんとでないことがある。

視学官が学校を出るのは夕方。宿にさらに多くの書類を持って帰る。なお、視学官たちはお昼のサンドイッチ代として一人当たり5ポンド(750円)を出す。

2日目の査察では、教員も慣れ、教え方がよくなった。また、試験結果とそれ以外のデータも考慮に入れる。

結果は、優との判定。

補足

視学官には、Ofsted直属の視学官と外部からの専門家らによる視学官がいる。総勢2千人を超える。Ofstedの視察は、非常に恐れられており、特にその責任者であるウィルショーは教員や校長から嫌われているようだ。

謝罪して男を上げた教育大臣マイケル・ゴブ(Apologetic Michael Gove Praised)

教育大臣のマイケル・ゴブが、2月7日、下院で政策変更を発表し、政策の一つが行き過ぎで誤りだった、と謝罪した。GCSEという16歳の中等教育修了試験に代わって「イングランド・バカロレア証明書」の制度を導入する計画で、英語、数学、科学、歴史、地理は2015年から教え始めるはずであったが、これを中止し、GCSEの仕組みを強化することとした。なお、ゴブ教育大臣の管轄はイングランドのみで、それ以外の地域は分権政府の管轄である。

ゴブは、どの大臣も失敗する、「将来の学校建設プロジェクト」の件でも失敗したが、これも誤ったと言って謝罪した。

このスピーチを聞いて、このように率直に自分の失敗を認めるのは最近では珍しいと思った。野党の労働党は、これは政府のひどい失態だとして、ゴブを攻撃したが、保守党からはゴブを称賛する声がきかれた。

ゴブはもともとタイムズ紙のジャーナリストだった人物で、キャメロン首相の側近の一人である。保守党の「影の教育大臣」として、保守党の教育政策の準備を進め、キャメロン政権誕生後は、教育大臣としてキャメロン政権の中で最も改革志向の大臣である。もちろんそのために、教員たちからはかなり嫌われている。

マイケル・ゴブは教育相として以下のようなことを実施しようとしてきた。

①学校の規律を重んじる校長を支持する。
②できの悪い校長は首にする。
③自律性の高いアカデミーの数を増やす。
④フリースクール制度を設ける。
⑤教育水準を上げるために既存のGCSEとその上のAレベルの試験制度を改革し、カリキュラムを書き換える。

①と②では、学校監視官に、学校の規律を重んじ、生徒の能力向上に大きな成果を上げ有名だった学校長を口説き落とし、任命し、学校評価基準を厳しくした。
③では、2010年に203校であったアカデミーが2012年9月末で2309校となっている。アカデミー校は、公立校であるが、地方自治体の管轄を離れ、政府直轄の学校であり、学校運営にかなりの自由が許される。
④では、2012年9月末までに79校設けられている。
そして⑤への取り組みに関してこの「失敗」が発生した。

ゴブのGCSEを廃止して、イングランド・バカロレア証明書を設ける案には、教員だけではなく、連立を組む自民党、下院の教育委員会、それに資格試験監視機関(Ofqual)からもリスクが大きすぎると反対された。

ゴブは同時にGCSEの大幅改革を発表した。さらに学校評価制度を改革し、イングランドのナショナル・カリキュラムの原案を発表した。それには7歳から外国語を学ぶことが含まれている。

ゴブの政策の効果はともかく、ゴブの教育水準向上にかける熱意にはかなりのものがある。同僚の保守党下院議員からの評判もよく、キャメロン後の保守党党首候補の賭け率では、ロンドン市長のボリス・ジョンソンに次ぐ有力候補である。