ジョンソン後の保守党党首選

ジョンソン首相は、保守党党首を辞任した。そして、次の保守党の党首が決まるまで、暫定的に首相の地位にとどまっている。当初、10月2日から5日まで開かれる党大会で次の党首を発表する計画であったが、数々のスキャンダルで自分の内閣の閣僚、そしてその他の役職についている下院議員が次々に辞任し、辞任に追い込まれた状況を考えると、メージャー保守党元首相も直ちに辞任すべきと示唆したように、ジョンソン首相ができるだけ早く退く方が保守党にとって得策だという考えになったようだ。辞任後も次から次に出てくるジョンソン首相のスキャンダルを考えると当たり前のことだろう。

党首選挙を実施する1922委員会の判断で、党首選の過程を早めることとした。党首選は、まず、保守党下院議員投票で、徐々に二人に候補者を絞る。一定の基準を満たさない候補者が次々に脱落していくが、党首選立候補と次のステージへ進める要件を厳しくした。これを下院の夏の休会の始まる7月21日までに行う。そして二人の候補者の討論会を経て、保守党党員の投票で新党首を選ぶ。次期党首の発表は、とりあえず9月5日となった。この日は、下院の招集日である。2016年の保守党党首選では、二人に絞られた後、そのうちの一人が辞退したため、保守党党員の投票はなかった。その場合には、党員の投票なしで党首が決まることになる。

野党の労働党は、9月5日まで待つのではなく、ジョンソン首相は直ちに首相を退くべきであるとして、ジョンソン政権への不信任案を提出する予定だ。野党第一党が政権の不信任案を提出した場合は、これまでの慣例で、下院の時間を特別に取ることになっている。ただし、下院の過半数を占める保守党の下院議員たちがそれに賛成する可能性は少ない。もし万一ジョンソン政権への不信任が可決された場合には、総選挙となる可能性がある。

党首選の立候補は、7月12日に申し込みが受け付けられ、7月13日に最初の投票が行われる。2022年7月11日現在、立候補に必要な20人の支持者(これまでは8人だった)を獲得しているのは、3人である。スーナク元財相がリードしている。ブックメーカー(賭け屋)ではスーナク元財相が最有力候補である。

今後の展開の予想は難しい。スーナク元財相(インド系)が最後の二人のうちの一人になるとしても、その相手がどうなるかで党員の投票の結果が異なってくる。保守党の党員は半分が60歳以上で、その97%は白人だと言われる。興味津々の戦いとなる。

ジョンソン首相辞任

2022年7月7日午前9時過ぎ、ボリス・ジョンソン首相が辞任を表明した。セクハラの問題を起こした下院院内副幹事長クリス・ピンチャーの任命を巡り、ジョンソン首相がピンチャーの過去のセクハラ問題を知っていたにもかかわらず、それを知らなかったふりをしていたが、外務省の元事務次官が、ジョンソン首相がそれを知っていたと発表したことから、それまでの数々の問題で起きていたジョンソン首相の「信頼」問題に火が付いた。そして7月5日にスーナク財相、ジャビッド厚相が辞任した後、ジョンソン内閣の閣僚、副大臣、その他の政府の役職にある保守党下院議員たちが次々に辞任し、その数は50を超えた。それでもジョンソン首相は首相辞任を拒んでいたが、結局、保守党党首の信任投票、党首選挙を預かる1922委員会(無役の保守党下院議員の会)の委員長が、来年6月までジョンソン首相の再度の信任投票を行えない現在の信任投票制度を変え、来週月曜日にも党首の信任投票を実施する考えを、保守党下院議員のジョンソン不信任の手紙を手に、ジョンソン首相に伝えたことから、ジョンソン首相は最終的にあきらめることとなった。

政治歴史家のアンソニー・セルダンによると、過去300年間の55人の首相で、このような混乱した終わり方をした首相は初めてだという。

ジョンソン首相の辞任は、英国の政治プロセスの典型的なものと言える。英国の首相は、非常に強力な権力があるが、自らの率いる政党の下院議員の支持を失えばその地位を失うということである。ジョンソン首相は、2019年の総選挙で保守党のマジョリティ(他の政党の議席合計を何議席上回るかの数)80を獲得した。これは、サッチャー政権以来の大勝利である。これを背景に、ジョンソン首相が驕った面があるだろう。それにもともと自分に好都合な嘘をつくといった恥知らずな面が輪をかけたと言える。