同性結婚法案の投票結果(Voting Results on Gay Marriage Bill)

 

2月5日、下院は同性結婚の法制化に賛成した。しかし、保守党のキャメロン首相らが賛成したにもかかわらず、保守党内の反対票が賛成票を上回った。賛成が127であったのに対し、反対は136で、棄権が登録棄権(賛成反対の両方に投票)を含めて40だった。

実際、同性結婚が法で認められるようになるのは、単に時間の問題で、早晩それは実現すると考えられていた。労働党政権下で法制化されたシビル・パートナーシップの宗教的な制限をキャメロン政権下で廃止するなど、キャメロンは、この問題に前向きであった。

キャメロンは、保守党内に多数の反対があったが、同性結婚の法制化を推し進めた。今回の採決では自由投票としたが、保守党内の状況の困難さがはっきりしており、キャメロン首相は、保守党内の過半数の賛成と、賛成票が反対票を上回ることを目標としたと言われる。しかし、いずれも達成できなかった。結果は、キャメロン首相の党内の立場を弱めることとなった。

結果詳細は以下の通りである。

反対:保守党136;労働党22;自民党4;民主統一党(DUP:北アイルランド)8;無所属2(保守党党員資格停止中のナディーン・ドリスと北アイルランドのシルビア・ハーモン)

賛成:保守党127;労働党217;自民党44;ウェールズ民族党(プライド・カムリ)3;緑の党1;社会民主労働党(北アイルランド)1;北アイルランド同盟党1;リスペクト(ジョージ・ギャラウェイ元労働党下院議員)1;無所属1(労働党の党員資格停止処分を受けた後、労働党を離党したエリック・ジョイス)

登録棄権(賛成と反対の両方投票):保守党5

参照http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-21346694

Comments are closed.