オリンパス元社長の経験(Former Olympus CEO’s Experiences)

光学メーカー、オリンパスの社長を務めたマイケル・ウッドフォードが自分の経験を書いた本「暴露:オリンパススキャンダルの内幕―私がいかにCEOから内部告発者になったか」が11月29日に発売される。既に大きな注目を集めており、英国のアマゾンでは、すべての本の中で現在1787位である。

ウッドフォードは、2011年、オリンパスとの戦いで、英国でビジネス関係の様々な賞を受賞した。不当解雇されたことなどについては、既にオリンパスと和解し、1000万ポンド(12億6千万円)の和解金を受け取っている。

英国の日曜紙で最大の売り上げ部数のサンデータイムズ紙の付録のマガジンが、表紙にウッドフォードを取り上げ、その話が中で6ページにわたり取り上げられている(2012年11月11日)。それによると、ウッドフォードには、ある英国の会社が会長に就任してほしいと言ってきているそうだ。また、ある日本の会社が社長になってくれと申し出てきたとも言う。しかし、今は、この本の映画化の権利を欲しがっている映画会社と話をしているという。

ウッドフォードの戦いはそう簡単なものではなかったそうだ。ジェイク・アーデルスタインというアメリカのジャーナリストで日本のヤクザの権威が、ウッドフォードに命が危ないぞと言ったという。またロンドン警視庁の刑事が、ウッドフォードのロンドンのアパートを訪れ、緊急暗号を与え、郵便受けを塞ぐようにと言ったそうだ。何者かがそこから火をつけるかもしれないからだという。ウッドフォードの妻は、非常に怖がり、真夜中に叫んで目が覚めることがあったそうだ。

日本のメディアは、このスキャンダルを取り上げるのが遅かったが、外国のメディア、ウォールストリートジャーナル、ファイナンシャルタイムズ、そしてサンデータイムズは執拗だったという。

サンデータイムズ紙の記者は、ウッドフォードは、欧州で2回腐敗を曝しだし、会社の中で、腐敗を暴露するという評判があったのに、なぜ秘密を抱えるオリンパスがウッドフォードを社長に任命したのかと疑問に感じている。それでも根本は、残念ながら日本には体質が旧態依然で時代に適合できていない会社がかなりあるということのようだ。

Comments are closed.