ロンドン市長ボリス・ジョンソン:首相の器?(Is Boris fit to become a PM?)

ロンドン市長ボリス・ジョンソンの人気が高い。ロンドン市長は日本の東京都知事に匹敵するポストであるが、現在バーミンガムで開催中の保守党大会に出席し、昨日の付属イベントでのスピーチで大喝采、そして今日の本大会でのスピーチで満場総立ちの拍手喝采を浴びた。

ジョンソンのスピーチは、アドリブも交え、ジョークも満載だが、それ以外に琴線に触れる点がある。インタヴューでも、自分の思ったことを率直に言う傾向が強い。ほとんどの人は政治家を信頼しないが、ジョンソンの言うことには耳を傾ける傾向がある。それは単に保守党支持者だけではない。例えば、10月7日のオブザーバー紙で発表された次の世論調査の結果だ。

http://image.guardian.co.uk/sys-images/Observer/Pix/pictures/2012/10/06/ObsPoll.jpg

この世論調査では、キャメロンが保守党の党首であるより、はるかにいい印象のあるジョンソン党首の方が、保守党に投票する人が増えることを示唆している。

ジョンソンは、今年5月、統一地方選で労働党が大勝する中、しかも労働党の強いロンドンで、市長に再選された。その後のオリンピックでもその成功の立役者の一人と見なされ、全国的に知名度を大きく上げている。

それでは、ジョンソンは首相にふさわしい人物だろうか?保守党の支持者らのウェブサイトConservativeHomeの編集長を務めるティム・モンゴメリーは、BBCをはじめ、各種のメディアでも活躍している人物だが、ジョンソンは、他の保守党の政治家が手の及ばない人にまで影響を与えることができるという。しかし、ジョンソンに首相となる能力があるかどうか疑いを持つ人がおり、しかもそれは、保守党の活動家よりも保守党の下院議員に多いと言う(タイムズ紙)。ジョンソンを比較的近くで見てきた人も同じような疑いを持っている人がいる。ロンドン市長選前に、主要候補者がロンドンのイブニングスタンダード紙主催の討論会に出席したが、現職の大ロンドン市議会議員で、前リビングストン市長の下で副市長を務めた、緑の党の候補者が「(市長職は)ボリスにできるなら私にもできる」と発言したことがある。

ジョンソンにはこれまで様々な女性問題もあり、かなりだらしない、という印象があるのは事実だろう。しかし、過去4年余りのロンドン市長としての施政を振り返ると、ジョンソンには、モンゴメリーも言うように、優れたチームを作る能力があるとも言えるようだ。つまり、有能な人たちを副市長などの重要なポストに任命し、それらの人たちに権限を委譲し、実際の行政を担当させる。これは、これまでのところかなりうまくいっていると言えるだろう。5月の市長選でも、オーストラリアの選挙専門家に自分の選挙を任せ、その結果当選したことでも伺える。つまり、ジョンソンが自分の強みと弱みをわきまえ、それに適した行動をすれば欠点をカバーできるということを知っているということである。

政治のリーダーには、自分の能力を過信し、そのために失敗する人が多い。例えば、英国の最近の例では、ゴードン・ブラウン前首相だ。自分は首相として優れた資質があると信じて首相になるまでの人生を過ごしてきた人で、それを信じた人も多かった。非常に頭のいい人で、10年務めた財相として、世界で最も優れていると言われたほどだった。ところが首相になると、ブラウンの弱みがはっきりと出た。ブラウンは優れたリーダーではなかった。社会のために貢献したい、貧しい人々を救いたいという思いは非常に強く、それらを達成するために、早朝から夜遅くまで仕事中毒と言われるほど働くことをいとわなかった。しかし、対人能力に欠けていた。

こういったことを考えると、自分の能力を知り、権限委譲をわきまえたジョンソンには、強みがあると言えるかもしれない。しかし、一旦首相となると、一つ一つの言動に留意する必要がある。そういう問題を起こさないようにできれば、案外優れた首相になれる可能性はあるだろう。

Comments are closed.