主なブレクシット日程

2018年

  • 6月12日 イギリス下院で、上院で修正されたEU離脱法案審議・採決
    保守党の下院議員がこの採決でどのような投票をするかが注目される
  • 6 月28-9日 EUサミット
    このサミットまでにイギリスがEUとの貿易関係とアイルランドの国境問題についての方策を提案することになっていた。しかし、待ち望まれている政府のブレクシット白書は、このサミットの後で発表されることとなった。
  • 10月17-8日 EUサミット
    本来、このサミットで、イギリスのEU離脱条約案と将来の貿易関係についての政治宣言をまとめ上げ、イギリス議会、そして欧州議会の審議・批准に回すはずだった。しかし、現在の状況では、6月サミットで片づけられておくべきものをこのサミットで処理せざるを得ない状況だ。
  • 10月下旬
    政府は、イギリス議会にEU離脱条約案の投票を約束している。賛成多数の場合、移行期間法案も採決される。そして欧州議会に送られる。
  • 11月・12月
    10月サミットでイギリス側とEU側が合意に達しなかった場合、臨時サミットが開かれる可能性がある。12月13-4日に開催予定の EUサミットがほとんど最後の機会となる。

2019年                                                

もし、イギリス議会と欧州議会が離脱条約を承認し、批准すれば、

  • 3月21-2日 EUサミット
    イギリスがメンバーとして出席する最後のEUサミット
  • 3月29日イギリス時間の午後11時 イギリスが正式にEU離脱

2020年

もし、予定通りにいけば、

  • 12月31日 移行期間が終了。

Comments are closed.