ヒースロー空港第3滑走路建設決定で補欠選挙

メイ保守党政権が、10月25日、ロンドンのヒースロー空港第3滑走路の建設の推進を決定したため、保守党のゴールドスミス下院議員が議員辞職し、無所属で同じ選挙区から立候補することとなった。この補欠選挙は、12月1日の投票で、ゴールドスミスの他、自民党、労働党らの候補者が立候補する予定だ。

イングランド東南の空港のキャパシティの問題には長い論争の歴史がある。2009年に当時のブラウン労働党首相がヒースロー空港に第3滑走路を建設することを決めた。ところが、当時、野党だった保守党のキャメロン党首が、この建設に絶対反対の立場を表明し、2010年総選挙後、キャメロン政権でブラウンの決定を覆した。しかし、空港キャパシティの問題が解決したわけではなく、空港調査委員会を設けて、専門家の判断を仰ぐこととなる。その答申はやはりヒースロー空港第3滑走路建設だった。キャメロンはその決定を遅らせていたが、EU国民投票後、首相を辞任。そして後任のメイにその決定が委ねられることとなった。

メイは、この決定には細心の注意を払う必要があった。選挙区上空が飛行機の航路のグリニング教育相は、これまで強く反対してきていた。さらに、ジョンソン外相は、ロンドン市長時代を含め、この建設に強く反対してきていた。そのため、これらの閣僚は、例外的に自分の意見を述べることを許されることとなった。なお、メイの選挙区も、ヒースロー空港に離着陸する飛行機の航路にあり、第3滑走路建設には地元の反対がある。

ゴールドスミス議員は、ヒースロー空港に近いリッチモンドパーク選挙区で、2010年に保守党から当選した。これまで、もしヒースロー空港の第3滑走路が建設されることとなれば、議員を辞職するとしていたが、その言葉を実行に移したのである。

この補欠選挙には、保守党は対抗馬を立てない。ゴールドスミスは、5月のロンドン市長選に保守党公認で立候補した人物である。EU離脱派であることから、UKIPは候補者を立てないこととした。

なお、ゴールドスミスが2015年総選挙で再選された際には、投票総数の58%を得票し、次点は自民党の19%だった。これらのことから、地元の保守党支部の支援を受けるゴールドスミスが再選されると見られている。

しかし、自民党は、勝つ可能性があると見ている。10月20日に行われた、キャメロン前首相の選挙区の補欠選挙で、自民党が善戦したためである。2015年総選挙では73%の投票率で、キャメロンが60%を得票し、自民党は7%で4位であった。しかし、この補欠選挙では、47%の投票率で、勝った保守党の候補者が45%の得票、自民党は30%の得票で次点だった。自民党は、イギリスのEU残留を訴えており、その成果があったと判断している。リッチモンドパーク選挙区では、ゴールドスミスも自民党もヒースロー空港第3滑走路建設反対であり、この点では差がないため、離脱派のゴールドスミスと残留派の自民党候補者の対決にしたい考えだ。特にこの選挙区では、EU国民投票で残留への投票が7割だった。そのため、自民党に投票する可能性がかなりあると見ている。

サンプル数が500余りの世論調査では、ゴールドスミスが圧倒的に優勢だ。自民党は次期総選挙候補者が立候補すると見られているが、まだ正式に決まっていない。それでも、2015年の58%対19%の差が大きく縮まるのは間違いなく、自民党の選挙キャンペーン次第では番狂わせの可能性もゼロではない。

いずれにしてもスコットランド国民党(SNP)がヒースロー空港第3滑走路建設賛成の立場となり、下院の賛成は得られる見込みだが、もし、ゴールドスミスが敗れるようなこととなれば、事実上、既に少ない保守党のマジョリティ(保守党議員数マイナス他の政党の総議員数)がさらに減ることとなり、メイ政権には痛手となる。

Comments are closed.