労働党党首選の行方

労働党の党首選が、現党首ジェレミー・コービンと影の労働年金大臣だったオーウェン・スミスとの間で行われることが決まった。この選挙は、党員、関連団体サポーター、そして登録サポーターの1人1票の投票で決まる。投票は、8月下旬から始まり、9月21日に締め切られ、その結果は9月24日の特別党大会で発表される。そのため、メイ保守党新政権の誕生という新しい政治状況の中であるが、野党第一党の労働党は、党内の争いで、今夏を過ごすこととなる。

労働党の現党首に挑戦するには、党所属の下院議員と欧州議会議員の20%、すなわち51人の推薦を受ける必要がある。推薦の受け付けは、7月18日から7月20日午後5時まで。スミスの他にアンジェラ・イーグルもこの数を超える推薦人を確保したと見られるが、スミスの推薦人の数が90人(下院議員88人、欧州議会議員2人)に達したため、イーグルが党首選出馬を辞退した。この背後には、党員の中にまだ強い支持のあるコービン党首に対抗するには、挑戦者を1人に絞る必要があるとの理由による。

オーウェン・スミス

スミスは、それほど知られている政治家ではない。イングランド北部で生まれたが、ウェールズで育ち、ウェールズ訛りがある。16歳で労働党に入党し、サセックス大学を卒業した後、公共放送のBBCでプロデューサーとして10年働く。労働党下院議員のウェールズ大臣のスペシャルアドバイザーとして働いた経験があり、また後には、製薬会社ファイザーのロビイストとしても働いた。2010年に初めて下院議員に当選。影のウェールズ大臣を務め、2015年に2回目の当選後、コービン影の内閣で影の労働年金相を務めた。46歳。自他ともに認める労働党の左派。

党首選の行方

昨年9月の労働党党首選でも実績のある世論調査会社YouGovの労働党員の世論調査によると、コービンが優位に立っている。世論調査実施時点では、コービンとスミスの一騎打ちとなることは決まっていなかったが、それでも、コービン対スミスの対決となった場合、コービン56%。スミス34%の支持という結果が出ている。

ただし、登録サポーターの支持がどうなるかははっきりしていない。前回の党首選では、党首選が近づくまで党員並びに登録サポーターの入党、登録が許されたが、このシステムが変更された。EU国民投票以来、13万人が入党したが、労働党の全国執行委員会で、今年1月12日以前に入党した者しか投票できないこととされた。この新党員の大半はコービン支持だと見られている。また、前回、84%がコービンに投票した登録サポーターは、登録期間が7月18日から20日に限られ、しかも登録費が前回の3ポンド(420円:£1=140円)に対し、今回は、25ポンド(3500円)と大幅にアップした。その上、労働党を守るとして反コービンの立場で登録するよう訴えているグループが新聞広告をガーディアン紙に掲載するなどの活動をしている。

一方、昨年夏のコービンブーム以来、労働党の党員の数が2倍近くになったが、ある調査によると、党員として加入した人のかなり多く(16.5%)がかつて緑の党を支持した人々である。この人たちが、核抑止戦略システム、トライデントに反対するコービンへの支持を変えるとは考え難い。なお、スミスは、7月18日の下院の投票でトライデントに賛成票を投じた。しかも、リーダーの能力として、他の何よりも、普通の気持ちの分かる人を望む人が68%、強い信念を持つ政治家を支持するとする人が49%おり、全体的に強い左寄りのリーダーを求める傾向がある。これらから考えると、労働党党内の下院議員たちの4分の3が強い反コービン傾向にあるにもかかわらず、この党首選で敗北するほどコービン支持が減るとは考えにくい状況にあるように思われる。

Comments are closed.