内乱で党員の急増する労働党

労働党が内乱状態だ。労働党の下院議員がコービン党首の不信任案を提出し、6月28日その投票が行われた。不信任賛成172、反対40、無効票4、投票せず13で、大差で不信任案が可決された。コービン党首では次の総選挙で勝てない、惨敗する、と労働党の下院議員が恐れたことが背景にある(直前の記事参照)。ただし、このような不信任案は労働党の規定になく、拘束力はない。

コービンは党首を辞任することを拒否し、下ろしたいのなら、労働党の規定通り、党首選で臨めと要求し、コービンの影の内閣のビジネス相だったアンジェラ・イーグルがコービンの対抗馬として立つこととなった。

この党首選のタイムテーブルはまだ決まっていないが、既にコービンに投票するために党員となる人が急増しているようだ。6月29日に、コービンの古くからの友人で右腕であるマクドナルド影の財相が、過去3日間で1万6千人が労働党に加入したと述べた。既に第2のコービンブームが起き始めている可能性がある。

強硬左派のコービンは、昨年9月に行われた、4人の候補者の立った党首選で、最初の開票で59.5%を獲得し、圧倒的な差をつけて当選した。第2位の得票は19%だった。有権者は、4人の候補者に選好順位をつけて投票し、一人が50%の得票をするまで最低得票者を一人ずつ除いていき、その票を選好順位に従って割り振っていく形の選挙である。コービンは最初から50%を超え、当選した。

コービンは党首選の立候補に必要な35人の下院議員の推薦者を集めるのに苦労し、支持しないが、左の立場の候補者も入れて広い立場の討論をすべきだとした推薦人を含め、ぎりぎりで候補者になった。ところが、正直に自分の原則を主張するコービンのブームが起きた。なお、コービン支持者の支持理由は核兵器システムのトライデン反対、反緊縮財政、社会正義など多岐にわたる。コービンの政策は全体として統一を欠くという批判があるが、コービン支持者は、自分の気に入った政策をピックアップし、むしろコービンのスタイルに魅かれたと見られる。

党首選は、一人一票のシステムだが、党員、労働組合などの関連組織を通じたサポーター、登録サポーターの3つの有権者のカテゴリーいずれも圧倒的多数を占めて、当選したのである。コービンは最初から下院議員の支持者は少なく、コービンが労働党の党首となれば党は崩壊すると心配した人も多かった。労働党の圧倒的に多くの下院議員は今でもそう信じている。

なお、通常、保守党も労働党も党員数を公表しないが、過去に報告されたものでは、労働党の党員数は、2015年総選挙前日の201,293 から2016年1月10日には388,407となり、ほとんど2倍に増加した。2015年党首選前の8月の時点では、党員数292,505、関連組織サポーター147,134 、そして 登録サポーターは110,827だった。

イギリスのEU国民投票後、親EU政党の自民党への党員も急増している。EU離脱後、すでに1万人が加入したと言われる。これは、2015年の総選挙で惨敗した自民党の政策に関連したもののようだが、労働党の場合、増加のほとんどはコービン支持と思われ、コービンが再び党首選で勝利する可能性が高まっているように思われる。

Comments are closed.