益々強くなっているSNP

先月の総選挙でスコットランドを席巻したスコットランド国民党(SNP)が、さらに支持を増やす勢いだ。

SNPは、5月7日に行われた総選挙で、スコットランドの59議席中、56議席を獲得した。その前の2010年総選挙では、わずか6議席であったことを考えると、非常に大きな飛躍である。イギリスの総選挙、すなわち下院議員選挙は、完全小選挙区制であるため、それぞれの選挙区で最多の得票をした一人だけが当選する。そのため、SNPはスコットランドでの得票率50%で、これだけの議席を獲得した。

一方、スコットランドでは、来年のスコットランド議会議員選挙に視点が移っている。この選挙は、小選挙区比例代表併用制で行われる。日本の衆議院選挙の小選挙区比例代表並立制が、小選挙区と比例区とで別々に支持率によって当選者が決まるのに対し、スコットランドの制度は、8つに分けられた地区の比例代表に投じられた政党ごとの票の割合によって、小選挙区を含めて、議員数が決まる。つまり、小選挙区で多くの議席を獲得しても、地区ごとの比例代表で当選する人の数は制限される。この制度は、一つの政党が過半数を占めることを極めて困難にした制度である。

さて、マーケティング・リサーチ会社TNSは、世論調査の一環で、有権者の政党支持も調査しているが、来年5月5日に行われるスコットランド議会議員選挙への支持動向の世論調査(5月13日から31日実施)の結果を発表した。それによると、各党の支持率は、以下のとおりである。

スコットランド議会議員選挙の各党支持率(%)

 

 

SNP

労働党

保守党

自民党

緑の党

2015年5月世論調査

選挙区

60

19

15

3

候補者なし

地区比例

50

19

14

5

10

2011年選挙実績

選挙区

45

32

14

8

候補者なし

地区比例

44

26

12

5

4

SNPが選挙区、地区比例ともに支持率をかなり伸ばしている。なお、2011年議会選挙の結果は以下のとおりだった。

2011年スコットランド議会選挙結果(獲得議席数)

 

SNP

労働党

保守党

自民党

緑の党

無所属

選挙区

53

15

3

2

候補者なし

1

地区比例

16

22

12

3

2

0

合計

69

37

15

5

2

1

2011年には、どの党も過半数を取りにくい制度でありながら、SNPが全129議席の過半数を獲得した。そして、2014年9月、その際のマニフェストで約束した独立住民投票を実施した。

上記のTNS世論調査では、SNPが選挙区で15ポイント、比例で6ポイント伸ばしており、SNPはさらにかなり議席を伸ばす勢いだ。もちろんこの世論調査は、総選挙でSNPが大勝利を収めた後、すぐに行われたもので、1年後のスコットランド議会選挙まで続くとは必ずしも言えない。しかし、今のところ、SNPがさらに議席を伸ばし、再び過半数を獲得する勢いである。

一方、労働党の凋落ぶりが明らかであり、また、スコットランド独立住民投票で、独立に賛成した緑の党の支持が伸びている。緑の党は議席を伸ばす勢いだ。

Comments are closed.