放送局が折れた党首の「テレビ討論」

5月7日の総選挙の前に、主要放送局(BBC、ITV, チャンネル4、Sky)は、3回の党首討論を予定していた。有権者の選挙への関心を高め、また政党の政策を十分理解させることを目的とするものである。前回の2010年の総選挙で、主要3政党(保守党、労働党、自民党)の党首が、イギリス史上初めて、テレビで3回にわたり討論し、有権者の関心が大きく高まったことから、同じような効果を狙ったものである。しかし、前回総選挙のテレビ討論に参加したために不利になったと考えている、保守党のキャメロン首相が、選挙期間中のテレビ討論参加に難色を示し、結局、放送局側が、大きく譲歩し、当初の計画とはかなり異なった形の「テレビ討論」に落ち着くこととなった。

放送局側は、それまで、当初の計画通り実施するとして、もしキャメロン首相が参加したくなければ、その椅子を空席にして討論を行うという方針を繰り返し、主張していた。しかし、最終的に折れた背景には、放送局側の事情もあると思われる。

公共放送のBBCはその免許の更新時期が近づいており、視聴料の徴収を巡る問題がある。また、それ以外の民放は、放送通信の監督機関Ofcomを考慮したものと思われる。選挙結果の予測の多くは、保守党も労働党も過半数を獲得できないが、保守党が最大政党となると見ており、賭け屋の賭け率では、キャメロンが首相として継続するが本命である。そのような状況の中で、現職の首相を粗末に扱えず、妥協できる形で何とかテレビ討論を行いたいという考えがあったと思われる。

主要放送局は、3月30日の下院解散後、以下のようなテレビ番組の予定をしていた。

4月2日 7党(保守党、労働党、自民党、イギリス独立党UKIP、スコットランド国民党SNP、緑の党、それにウェールズの地域政党プライド・カムリ)の党首による討論。

4月16日 同じく7党の党首による討論。

4月30日 首相候補である、保守党のキャメロン首相と労働党のミリバンド党首の一騎打ちの討論。

これが、次のように変わった。

3月26日 保守党のキャメロン首相と労働党のミリバンド党首への別々の質疑応答。

4月2日 7党の党首による討論。

4月16日 連立政権の保守党と自民党を除いた、5党の討論。

4月30日 保守党のキャメロン首相、ミリバンド労働党党首、自民党のクレッグ副首相への別々の質疑応答。これは、2005年の総選挙で行われたものと同じ形である。

労働党のミリバンド党首は、これまで、テレビ討論は、放送局側が決めるもので、自分はそれを受け入れると繰り返し述べていた。しかし、最終的に、新しい案を受け入れた。それでも、キャメロン首相と自分は、同じ場所で、同じ夜、同じ聴衆といるが、キャメロン首相は、自分と討論することを怖がっている、と苦情を言った。

ミリバンド党首は、自分の首相候補としてのイメージを上げるため、テレビ討論で、キャメロン首相と一対一で議論を戦わせたかった。キャメロン首相は、ミリバンド党首を弱いと批判し、ミリバンドは、キャメロンを弱いと批判する。いずれも選挙に与える影響の計算に基づいた行動をしており、どっちもどっちだと言える。

Comments are closed.