労働党のSNPとの連立否定の意味

ミリバンド労働党党首が、スコットランド国民党(SNP)との連立政権の可能性を否定し、ミリバンド政権では、SNPの大臣はいないと断言した。

この発言で、実際の事態は何も変わっていないが、この発言の背後にあるものに注目しておく必要があるだろう。

まず、最近のSNP党首らの発言で、SNPの立場が、極めてはっきりとしてきたことだ。SNP側が、労働党との連立はないだろうと発言した一方、SNPは労働党と連携して、保守党政権を阻止し、進歩的な政策を進めるとする。

つまり、労働党にとっては、SNPと連立しようが、しまいが、SNPの協力は受けられる。その中、保守党が、ミリバンドが、イギリスを分断し、スコットランドを独立させようとするSNPの言いなりになると主張している。

3月11日の首相のクエスチョンタイムでもキャメロン首相は、イギリス政治を牛耳るのは、自分と、SNPのサモンド前党首だと主張した。サモンドは、スコットランド前首席大臣で、5月の総選挙に立候補し、下院に戻ってくる予定だ。

保守党は、この線に沿って、ミリバンドが、サモンドの背広の胸のポケットに入ったポスター作戦を展開している。これらを受け、イングランドの有権者への影響を恐れたミリバンドは、何らかの対応をする必要があった。

ミリバンドのSNPとの連立否定発言は、有権者にわかりやすいが、実際には、ミリバンドがSNPの協力を受けられるだろうという状況は何も変わっておらず、一種のリップサービスといえる。

一方、SNPが主張しているように、労働党とSNPが、セットとして一般に見られるようになると、今後の展開が大きく変わってくる可能性がある。

新しく発表された、Polling Observatoryの選挙予測によると、獲得議席予想数は以下のとおり。

労働党285議席、保守党265議席、SNP49議席、自民党24議席、UKIP3議席 

労働党が最多議席を獲得し、SNPと閣外協力で連携すると、過半数をかなり上回ることとなる。労働党が285、SNPが49議席で、単純に計算すると、全650議席のうち、334議席対316議席となり、かなり安定した政権運営ができる可能性がある。

まず、この予測が、他の主要予測と異なるのは、他が、投票日が近くなると、これまでの経験から、保守党の支持が増え、労働党の支持が減ると見ているのに対し、保守党と労働党両方の支持が上がると見ている点だ。今回の選挙は、これまでのものと異なり、小政党が支持を集めているが、選挙戦終盤となると、次期政権への関心が高まり、主要政党への支持が回復してくる可能性があるように思われる。

SNPには労働党との閣外協力について大きな失敗がある。1979年に、当時のキャラハン労働党政権に閣外協力していたが、政権の不信任案に賛成し、わずか、1票差で不信任案が可決され、その結果、その後の18年間のサッチャー/メージャー保守党政権を生んだ。その二の舞は避けたいと考えている。

もし、労働党とSNPとの連携が織り込み済みになると、選挙のダイナミズムが大きく変わってくるように思われる。

Comments are closed.