緑の党を率いる党首

大きな注目を浴びている緑の党は、党員を急速に伸ばしている。現在、47,969人。党員の数では、副首相ニック・クレッグが党首を務める自民党やイギリス独立党(UKIP)を上回った。急増の大きな原因は、保守党の党首デービッド・キャメロン首相が、緑の党が党首のテレビ討論に招かれなければ、自分も出席しないと言ったことにある。なお、緑の党をテレビの党首討論に参加させるようにとのオンラインのペティションは、28万を超えた。

その緑の党を率いるのはナタリー・ベネットである。ベネットは、1966年2月10日、オーストラリアのシドニー生まれ。シドニー大学とニューイングランド大学を卒業した後、ジャーナリストとなり、1999年イギリスへ。その後、レスター大学でマスコミュニケーションの修士号取得。ジャーナリストとして、インデペンデント紙やタイムズ紙に書いた後、ガーディアン・ウィークリーの編集に携わる。

2006年1月、緑の党に入り、2012年9月、党首に選出された。なお、イギリスの緑の党には、イングランド&ウェールズ、スコットランド、北アイルランドと3つあり、上記の党員数はその合計数。ベネットは、その最大の組織、イングランドとウェールズの党首である。その前任者は、キャロライン・ルーカスで、現在、緑の党唯一の下院議員である。ルーカスの選挙区は、イングランド南岸のブライトン・ホブ市の3議席のうちの1つであり、ブライトン・ホブ市では緑の党が少数与党ではあるが、市政を握っている。しかし、5月の総選挙と同時に行われる地方選挙を控え、その予算案に反対する勢力があるなど、緑の党に責任ある施政ができるか疑問がある。

緑の党の政策は、地球温暖化対策やグリーンに関するものだけではない。かなり極端なものがあり、国民全員に「市民の収入」として週に72.4ポンド(1万3,000円:£1=180円)以上支給するというものも含まれる。キャメロン首相が、党首討論には緑の党も、と主張したのは、労働党や自民党よりもかなり左の緑の党が含まれれば、労働党と自民党がかすみ、また、それらの支持票が緑の党に流れる可能性があると見ていることもある。緑の党そのものの総選挙での獲得予想議席数は、1から2議席である。

ベネットは、緑の党の党首でありながら、ロンドンの大英博物館の近くのブルームズベリーのコープのフードストアで今もパートタイムで働いているようだ。これまで総選挙も含めて何度か選挙に立候補しているが、落選した。しかしながら、今回のテレビ党首討論の議論で、メディアで大きく取り上げられている。これまでベネットが下院議員のルーカスに替わって党首となったことを知らなかった人が多かったが、ベネットの知名度が大きく上がり、これから出馬する選挙、特にロンドンの地方選挙で当選する可能性はかなり高くなった。緑の党の政策には疑問のあるものも多いが、スーパーの店員として働く知的な人物が公職に就くことには、メリットがあるように思える。

Comments are closed.