労働党の党首交代手続き

労働党のエド・ミリバンド党首を交代させようという動きの噂が過去数日間、メディアをにぎわせている。タイムズ紙のマシュー・パリス(Matthew Parris:元保守党下院議員)がそのコラム(タイムズ紙118日)で示唆しているように、ミリバンドへの攻撃は底が浅く、メディアの取り上げ方も浅薄だと言える。各紙とも匿名の労働党下院議員のコメントを紹介しているが、労働党党首交代のある可能性は極めて低い。

その一つの理由は、労働党の党首交代手続きはかなり複雑なことがある。半年後に総選挙の迫った現在、そのような内紛、党首引きずり落とし、そして新党首の選出とかなり時間のかかることにうつつを抜かす余裕はないことがある。

世論調査では既にミリバンドの評価が極めて低くなっており、世論調査会社の中には、もしミリバンドを他の党首に変えた場合、労働党への支持がどうなるか、といった調査をしたところが2社ある。これらの調査では、労働党政権下で内務相を務めた元ポストマン、アラン・ジョンソンが党首となった場合には若干のプラス面があるが、それ以外の候補者ではほとんど変わりがないという結論だ。しかも党首を無理に変えたところで、有権者がその人物をよく知っている可能性は少なく、その人物が必ずしも予想通りの支持を得るとは限らない。

さて、労働党の党首交代の手続きは、もちろん現職が自ら退けば、新党首選出をいずれにしても行わざるを得ず、話は比較的簡単だ。しかしもし現在の党首を交代させようと思えばことはかなり複雑である。それは以下のような手順となる。

  1. 20%以上の労働党下院議員が党首選挙を求める必要がある。これは現在52人である。
  2. そして党大会(9月に開催された)があればそこで、もしくは臨時党大会を開き、投票する。
  3. もし過半数が賛成すれば、党首選挙が行われる。選挙運動が行われた後、3つの選挙人団、党員、現職議員、そして組合がそれぞれ投票し、3分の1ずつの得票の合計で当選者が決まる。 

非常に時間がかかり、しかも衆目の中で党首引き下ろしが行われることとなり、今まだ可能性のある労働党の勝利がさらに遠のくことになりかねない。確かにミリバンドに不満のある人が多いが、ミリバンドが自ら党首を引く可能性は全くないことから、労働党は、否応なくミリバンドを党首として次期総選挙を戦わざるをえないと言える。

なお、保守党は、現労働年金相のイアン・ダンカン=スミスが党首の座を引き下ろされたことがある。保守党の場合、党首に不満のある議員が政府のポストについていない議員の会、1922年委員会の会長に手紙を書き、信任投票を求める議員の数が党所属下院議員の15%に達すれば、下院議員による信任投票が行われる。この手紙を書いても、その名は明らかにされない。保守党と比べ、労働党では、現職の党首を辞めさせるのはかなり難しい。

Comments are closed.