ミラー文化相の辞任の舞台裏(What Happened Behind Miller Resignation)

マリア・ミラー文化相の辞任の舞台裏でどのようなことがあったのだろうか?民法のテレビ局チャンネル4の政治部長Gary Gibbonがそのブログで明らかにしている。 

公式には、ミラーが政府の仕事の妨げになるから辞任したいと首相に連絡してきたとされるが、実際には、ミラーを辞任させることは昨晩決まり、首相の関係者がミラーを訪れて引導を渡したのだという。 

キャメロン首相は、あくまでミラーを支持するが、ミラーの自発的な辞任をやむなく認めるという立場を取ろうとしたようだ。圧力に負けて更迭した「弱い」、「判断力と決断力に欠ける」リーダーというレッテルを貼られることを避けようとしたように思える。

 

Comments are closed.