保守党の新しい選挙戦略アドバイザー(Tory’s New Election Campaign Adviser)

2015年の総選挙に向かって、各党ともに本格的な準備が始まっているが、保守党は、アメリカのオバマ大統領の選挙運動でインターネット選挙を推進したジム・メッシーナ(Jim Messina)を雇った。

メッシーナは、オバマ大統領の1期目に副大統領補佐官となったが、2012年の大統領選の準備でその職を離れ、オバマ再選に中心的な役割を果たした人物である。現在は、オバマ大統領の法制化プログラムを支える組織「行動への組織(Organizing for Action)」の会長を務めている。

そのため、英国に来て選挙戦略のアドバイザーをするのではなく、米国に留まり、そこからアドバイスする。メッシーナは、オーストラリア人の選挙ストラテジスト、リントン・クロスビー、それに二人の保守党幹事長の指揮下に入ることとなる。

メッシーナは、政策の面にはタッチせず、ソーシャルメディアを使った、インターネット戦略についてアドバイスするようだ。この分野は、クロスビーの弱い分野と言われる。

人事上、これは極めて巧妙な策のように思われる。クロスビーは自分が全体をコントロールしないと気が済まない性格だと言われるが、クロスビーに主導権を任せながらも、オバマ再選戦略で最も大きな役割を果たした人物の協力も得られるからだ。

保守党は、2015年の総選挙は、野党だった2010年の総選挙とは異なるアプローチで臨む必要がある。オバマの場合もそうで、2008年の大統領選挙は、楽観的な気分を良くさせるメッセージで戦えたが、2012年には。経済不安の中、共和党候補のマイナス面を浮き彫りにする戦略に変わった。そのアプローチの変化も保守党に示唆することが多いように思われる。

保守党が世論支持率で労働党を下回っていることもあり、選挙準備を早く本格化させてきているのに対し、労働党はかなり遅れているような印象だ。

労働党は、オバマ選対のインターネット戦略で大きな役割を果たした、英国人で労働党メンバーのマシュー・マクグレガー(Matthew McGregor)を雇った。マクグレガーは現在、9月7日に行われるオーストラリアの総選挙のためにオーストラリアに行っている。労働党は、さらに、オーストラリアでクロスビーと政治的に反対の立場のブルース・ホーカー(Bruce Hawker)を雇うのではないかと見られている(タイムズ紙)が、この調子では、オーストラリア総選挙が終わってから選挙準備に本格着手することになりそうだ。

いずれにしても、選挙戦略の分野は国際化してきていると言える。

Comments are closed.