サッチャーの評価(British People’s View on Thatcher)

マーガレット・サッチャーは、1979年5月から1990年11月まで英国の首相を務めた。20世紀の首相として最も在任期間が長かったが、その評価は人によって大きく異なる。

サッチャーが2013年4月8日亡くなった後行われた世論調査では、サッチャーの行ったことは英国によかったという人は50%で、悪かったという人は34%いる。そのうち非常に良かったという人は25%だが、非常に悪かったという人は20%いる。今でもサッチャーを強く嫌っている人はかなりの割合に上る(参照http://www.guardian.co.uk/politics/2013/apr/08/britain-divided-margaret-thatcher-record-poll)。

サッチャーの業績を特に評価するのはイングランドの55%だが、スコットランドではそれが23%、そしてウェールズでは34%に減る。スコットランドとウェールズ、それに付け加えて北イングランドでは、サッチャーの国営現業事業の民営化、そして不採算事業の閉鎖、例えば炭鉱の廃坑などで多くの人が職を失った。その恨みが今でも残っている。

サッチャーの首相としての評価は、1990年11月の首相辞任時の調査にはっきりと現れている。サッチャーは英国に良かったという人が多かった反面、個人的には悪かったという人が多い。首相辞任時、サッチャーの政府は英国によかったという人は52%、悪かったという人は40%だが、個人的に良かったかどうかという問いには、44%が良かったと答え、悪かったという人は46%にも上った(参照http://www.ipsos-mori.com/researchpublications/researcharchive/poll.aspx?oItemId=223#q2a)。

サッチャーを嫌う人がかなり多く、その政策はさらに嫌われていた。首相辞任時、サッチャーを嫌いな人は60%、サッチャーの政策を嫌いな人は71%に上った(参照http://www.ipsos-mori.com/researchpublications/researcharchive/poll.aspx?oItemId=2398&view=wide)。

一方、サッチャーが有能な首相だったと考える人は、かなり多い。2011年6月に行われた世論調査では、過去30年間で最も有能な首相は、サッチャー36%、ブレア27%、ブラウン11%、キャメロン10%、そしてメージャー7%だった(http://www.ipsos-mori.com/researchpublications/researcharchive/2819/Most-capablemost-likeable-Prime-Minister.aspx)。

首相としてのサッチャーを評価したのは、中流階級だけではなく、労働者階級でもそうだった。「不満の冬」をもたらした労働党政権に1979年の総選挙で見切りをつけてサッチャーの保守党に投票した労働者階級の人々は、その後も、1983年、1987年の総選挙でも保守党に投票した。それは、労働者階級の中でも上の層である熟練労働者階級に端的に表れている。(下表参照)

総選挙 1974Oct 1979 1983 1987 1992
熟練労働者 保守党 26 41 40 40 39
労働党 49 41 32 36 40
自民党 20 15 26 22 17
非熟練労働者 保守党 22 34 33 30 31
労働党 57 49 41 48 49
自民党 16 13 24 20 16

いずれも%。参照 http://www.ipsos-mori.com/researchpublications/researcharchive/poll.aspx?oItemId=101&view=wide

サッチャーは、多くの政治家が直面する問題を提起していると言える。国のために、反対が多くても、本当に必要だと信じたことを行うか、どうかである。もちろん当該の政治家に「本当に必要だと信ずるもの」があるかどうかは別の問題であるけれども。

Comments are closed.