ある新聞紙のボリス・ジョンソン攻撃(A Newspaper’s Attack on Boris)

3月31日のサンデータームズ紙は、3月24日朝のBBC番組でのエディー・メイアーによるロンドン市長ボリス・ジョンソンへの追及は軽くすんだと主張した。メイアーは、ジョンソンに面と向かって、過去の失敗を問いただし、それらにきちんと答えられないジョンソンに対して「あなたは汚い奴(a nasty piece of work)じゃないですか?」と言ったのである。これはジョンソンに大きなダメージとなると見られた出来事であった。それにもかかわらず、ジョンソンは世論調査での支持率を伸ばした。

サンデータイムズ紙の記事(同紙News Review P4)は、ジョンソンのこれまでの約束違反、下院議員時代(2001年から2008年まで)と2008年に市長になってからの行動と実績などに焦点を当て、ジョンソンの首相となる資格に疑問を投げかけたものである。その記述にはかなりの反ジョンソンのバイアスがかかっている。

この記事はジョンソンがキャメロン後の保守党党首になる可能性がかなり高まってきたことを反映している。というのは、タイムズ紙はかつてジョンソンをクビにしたが、ジョンソンはテレグラフ紙と深い関係があり、ジョンソンが保守党党首・首相となることはタイムズ紙にとっては好ましいことではないからである。

デービッドとフレデリックのバークレー兄弟がテレグラフ紙を買収した時、タイムズ紙は、第一面から数面を使い、バークレー兄弟を徹底的に攻撃した。タイムズ紙とテレグラフ紙にはお互いにかなり強いライバル意識がある。

英国の新聞を読む際には、その新聞の傾向、ライバル関係、さらには、政治家などとの関係などに留意しなければならないことが多い。例えば、マイケル・ゴブ教育相は、2005年に保守党下院議員となるまでタイムズ紙のアシスタント・エディターだった。その妻は現在、タイムズ紙のジャーナリストである。当たり前のことだが、タイムズ紙の記事を読むときにはこういう事実を覚えておく必要があろう。

Comments are closed.