ブレクシット白書後続く混迷

下院で過半数を持たないため、10議席を持つ、北アイルランドの民主統一党(DUP)の閣外協力に頼っているメイ首相の政権運営はただでさえ困難だ。そして率いる保守党内の強硬離脱派とソフト離脱派の対立のため、ほとんど不可能に近い状態になっている。

それでもメイ首相は、政権としてのブレクシット後の立場を首相別邸の会議でまとめ、白書として発表した。この過程で、ブレクシット担当相と外相らが辞任した。その白書へEUがどのように反応するか注目されていたが、EUの交渉責任者のバーニエの反応が出た。

バーニエは、この白書には、前向きな面があるものの、この白書を基には交渉しないとした。もちろんバーニエの立場には難しいものがある。メイ政権がどれほどの期間持ちこたえられるか、メイがどれほど譲歩できるか、それにEU側の残された27ケ国の思惑もある。状況が大きく変化しない限り、来年3月29日にイギリスはEUを離れる。「すべてが合意しなければ何の合意もない」の原則があり、既に合意しているイギリス離脱後の「移行期間」も「すべてが合意しなければ」吹き飛んでしまう。3月29日までに合意ができればよいのではなく、イギリス議会や欧州議会の承認が必要であり、それを考えれば、今秋までには合意ができていなければならない。とにかく時間がなくなってきている。

メイ首相は、首の皮一枚で首相の座にあると言っても過言ではない。首相別邸での合意は、有権者への受けが悪く、保守党は、労働党に世論調査の支持率で5%の差をつけられている。メイ首相への支持率も下がる一方だ。このような中、保守党下院議員の中には、メイに不信任を突きつけると、メイが総選挙に打って出ると恐れる声がある。そのような総選挙へのきっかけを作る動きはしたくないという心理がある。

一方、メイ首相にはこの白書以上の譲歩は難しい。このような白書は、本来、交渉時間がなくなってきてから出すものではなく、交渉初期、もしくは交渉が始まる前に出されておくべきものだ。しかも、この白書自体、強硬離脱派とソフト離脱派の間のわずかな隙間を縫って構築されたものであり、このポジションから動くことが難しい。

それでも、もし合意なしでイギリスがEUを離れることとなれば、イギリスだけではなく、EUへの経済的な悪影響も大きい。イギリスでのEU国民の地位の問題(そしてその逆)もある。その一方、イギリスに有利な離脱条件を認めれば、EU内で他の加盟国の離脱を促進することにもなりかねず、慎重な対応が要求される。

このメイ首相がどの程度の期間、首相の座にあるのかによって、イギリス政府の対応だけではなく、EU側の対応も異なってくるだろう。来週、下院は夏休みに入る。9月4日に再開するが、それまでに保守党党首の不信任案投票を実施するのに必要な、保守党下院議員の15%を満たす、48人の下院議員の要求が集まるという見方がある上、ブレクシット関連法案で防戦一方のメイ政権の頼りとするDUPの一下院議員が数週間、登院禁止処分を受けると見られており、メイ首相がさらに苦しむこととなるだろう。

もし万一メイが保守党党首交代を迫られれば、新しい党首選出には3か月かかるとの見方もあり、EUとの交渉が宙に浮く可能性がある。また、野党の労働党は、急な総選挙が行われ、政権についた場合の対応について検討を始めている。

アイルランドでイギリスの北アイルランドと国境をともにするアイルランド共和国(EUメンバー)は、国境管理に関するスタッフを千人採用することを決めたが、EUが加盟メンバー国や、業界、企業に、「合意なし」の場合の準備を進めるよう警告するのも当然の状況だ。

メイ首相は、下院の夏休みを5日早く始めようとしたほど切羽詰まっている。メイ首相の去就をめぐる動きを中心に、イギリスのブレクシットに関する混迷は、まだ続く。

トランプショック

アメリカのトランプ大統領が訪英し、首相別邸前での記者会見が終わったところだ。訪英前、イギリスのタブロイド紙サン紙とのインタビュー(録音付き)で、トランプ大統領は、メイ首相にEUとの交渉をいかにするかについてアドバイスしたが、メイ首相は聞かなかった、メイ首相のソフトなBrexit案ではイギリスとアメリカとの自由貿易はできそうにない、アメリカがイギリスと話をするのではなく、EUと話をしなければならないからだ、と主張した。メイ首相はアメリカとの自由貿易合意締結に大きな期待を抱いており、しかもトランプ大統領との強い関係を印象付ければ、自分の率いる保守党の強硬離脱派を抑えられるという期待があった。これらの期待を打ち消すような発言をしていたために首相別邸前の記者会見には多くの注目が集まったが、トランプ大統領は当り障りのない発言に終始した。それでもメイ首相はトランプ大統領の訪英で大きなダメージを受けたといえる。

なお、サン紙とのインタビューで特に注目されるのは、ボリス・ジョンソン前外相が素晴らしい首相となるだろうと発言した点だ。ジョンソンは先週金曜日の首相別邸でのBrexit閣議合意に反対して外相を辞任した人物である。この発言は、メイ首相に将来はなく、その後任にはジョンソンが就くという見方をしていることをうかがわせる。

記者会見で、アメリカのジャーナリストが最初にトランプ大統領に聞いたのは、日曜日のプーチン露大統領との会談についてだった。明らかにアメリカの注目はイギリスとの関係ではなく、ロシアとの関係である。サン紙のジャーナリストが、公共放送BBCの看板番組Todayでトランプ大統領はBrexitについて非常に詳しく知っていると発言し、母親がスコットランド出身で、スコットランドにゴルフコースを持つトランプ大統領の発言はいい加減なものではないように思われる。トランプ大統領の最大の関心がロシア、それにNATOにある時に、過大な期待を抱いたメイ首相には大きなショックだっただろう。

先の見えないイギリス政局

メイ首相が7月6日に首相別邸で開いた内閣の会議で、内閣のブレクシットへの方針が決まったと思いきや、7月8日、9日とブレクシット大臣と外務大臣が辞任した。メイの方針はEUに譲歩しすぎで、これでは本当のブレクシットはできないと主張したのである。

メイの率いる保守党は、EUからの強硬離脱を目指す勢力と、ソフトな離脱を図る勢力とが対峙してきたが、強硬離脱派が今回のメイの方針に強く反発しており、保守党がこの問題でまとまることはほとんど不可能な状態になってきている。

ただし、メイを保守党党首・首相の座から引き下ろすことはそう簡単ではない。強硬離脱派は既に80名ほどの勢力があり、保守党の党首信任投票に必要な48名は超えている。しかし、信任投票を行うことはできても、保守党の316人の下院議員の中でメイの不信任が勝ち取れるかどうかは不透明だ。もし、不信任とならなければ、それから12ヶ月は再び不信任投票を行うことができない。その上、もし不信任となり、党首が交代することとなっても、党首選には3か月程度かかり、今年の秋(遅くても11月と言われるが)までの期限に新しい首相による交渉が間に合うかどうか疑問がある。

メイは、首相別邸で合意された内容を白書としてまとめ、今週中に発表する予定だ。そこで問題になるのが、EU側がそれをきちんと受け止めてさらに交渉するかという点と、最大野党の労働党がどう対応するかである。

EU側は、白書を見てからという態度だ。メイ保守党政権が生き延びれるかどうか、保守党内でどの程度の支持が得られるか、または労働党がどのような対応をするかなどを見極めた上で反応が返ってくることとなるだろう。EUがその白書を交渉の基礎とするのに消極的だと根本的に状況が異なってくる。

上記でも触れたが、野党労働党の対応が重要だ。今のままでは、全650議席の下院(議席に就いていないシンフェイン党の議席も含む)で、保守党の強硬離脱派の支持を受けずに過半数の賛成を得るには、メイ首相は労働党のかなり大きな支持が必要だ。しかし、労働党も総選挙の可能性を見極めながら動かざるを得ず、最初から方針を決めて対応することは難しい。

結局、当面はメイ政権のまま、どの当事者も今後の政局の行方を見ながら判断していかざるをえない状況にあると言える。白書が発表された後の来週あたりに状況がもう少しはっきりしてくるだろう。

保守党党首選の可能性?

6月のEUサミットで、ブレクシットの概要が決まるはずだった。ところが、このサミットでは移民の扱いが中心課題となり、ブレクシットはその他の話題の一つに過ぎなかった。その理由の一つには、保守党の中だけではなく、メイ政権の中でもブレクシットに関する考え方がまとまっていないことがある。それをまとめるのは、7月6日(金)に首相別邸で予定されている閣僚の集まりとされている。2016年6月のEU国民投票から2年たち、来年3月にはEUを離脱するというのに、未だに政府の立場が決まっておらず、追い詰められた状態になっていること自体、危機的な状態である。

ところが、問題はそれだけにとどまらない。有力閣僚のゴブ環境相が、首相別邸の会議で提出される予定の文書が気にいらず、破り捨てたと報道された。この文書は、ブレクシットに関する内閣小委員会の中のワーキンググループの報告書で、内閣の中の意見の相違をまとめるための重要なものである。すなわち、7月6日の会議の、少なくとも基礎になる文書にケチがついたことで、この会議そのものの意義が疑われる事態になってきた。

ゴブ環境相は、2016年のEU国民投票で離脱派キャンペーンの有力者の一人だった。ゴブ環境相の動きは、メイ下ろしの一環である可能性がある。強硬離脱派の中の他の有力リーダーであるジェイコブ・リース=モグは「原理主義的」であり、ジョンソン外相は、その軽率な言動に問題がある。もしメイが退くこととなった場合、リース=モグかジョンソンが後任の保守党党首、首相となって、EU側と交渉する立場となることには、保守党内からも、EU側からも理解されることが難しいだろう。その一方、ゴブの能力を高く評価する声があり、しかもプラグマティックな人物だ。保守党内をまとめ、EUに対峙するには、恐らく、これらの人物の中では最もふさわしいだろう。

そのようなことを反映しているのだろう、ブックメーカーの賭けでは、ゴブは次期保守党党首候補の筆頭となっている。ゴブに首相となる野心があることはよく知られており、現在の火中の栗を拾う覚悟はあるように思われる。むしろ今を逃せば、2016年の党首選でミソをつけたゴブのチャンスはなくなるかもしれない。7月6日の会議がどうなるかで、保守党の党首が交代する可能性が出てくる。