首相を選ぶ保守党の党員

6月23日の欧州連合(EU)国民投票でイギリスがEU離脱を選択した後、キャメロン首相が辞任し、次の保守党の党首選びが始まった。保守党は下院で過半数を占めているため、保守党党首が選ばれれば、女王がその人物をバッキンガム宮殿に招き、首相に任命する。

党首選立候補は、6月30日正午に締め切られ、5人の立候補者から、330人の保守党下院議員が、2度の投票を経て、2人の候補者、内相テリーザ・メイとエネルギー閣外相アンドレア・レッドサムの2人の女性を選んだ。そして保守党党員がこの2人のうちどちらかを選ぶ。下院議員の2回目の投票では、メイが199票、レッドサムが84票獲得し、メイが大きくリードしたが、党員がどちらに投票するかは別の問題である。

現在のような選挙制度は、1997年に保守党がブレア労働党に大敗した後、党首選びに党員がもっと関与すべきだという考え方から設けられた。イギリス最初の女性首相サッチャーが選ばれた時はこの制度ではなく、保守党下院議員が選出した。

現在の制度が設けられた後、党首には2001年にイアン・ダンカン=スミス、2003年にはマイケル・ハワード、2005年にデービッド・キャメロンが選出された。ダンカン=スミスは、下院議員の投票では2位だったが、党員の投票で逆転し、当選した。なお、ダンカン=スミスは、2003年に下院議員による不信任投票が可決され、辞任し、その後任の党首にはハワードしか立候補しなかったために投票がなかった。党員の投票した2001年も2005年も、保守党が野党であったため、直接首相を選ぶ選挙ではなかったため、党員にとっては、今回が初めて首相を直接選ぶ選挙となる。

保守党の党員数

保守党では、地方支部が党員を把握しており、支部が党員の実態を明らかにしたがらない傾向もあると言われ、党本部が必ずしも正確で、最新の党員のデータを把握しているわけではない。党首選の投票用紙は8月中旬に送付されるが、党本部は、それまでに党員の住所などの確認作業があるといわれる。党員数は、公共放送BBCのジャーナリストでも13万という人もいれば、15万という人もおり、13万から15万人のようだ。

なお、投票の締め切りは、9月9日の正午であり、党員はその3か月前に入党していなければ投票できない。すなわち、6月9日までに入党しておかねばならないが、その期限は既に過ぎている。

党員像

2015年総選挙後に行われた、学術的な党員調査で約5700人を調査している。その中で、保守党の党員は1193人。平均年齢は54歳で、60歳以上が半分以上いた。そしてNHSや年金を守ることに関心があるという。その75%が中流階級で、71%が男性だった。すなわち、男性が、2人の女性から首相を選ぶともいえる。

党員の選ぶ基準

党員は、選挙に勝てる候補を選ぶ傾向があると言われる。それは、能力、党の顔となるかどうか、選挙でアピールできるかなどであるが、今回は、先に述べたように首相を選ぶ選挙である。保守党の党員の3分の2が離脱に投票したと言われるが、ある世論調査の結果によると、離脱派であることが大切だと見る人は3割にとどまり、候補者の能力に注目する人が7割を超えている。

候補者

メイはこれまで政治の第一線で17年間過ごしてきた手堅さがある。一方、まだ下院議員6年で、知名度のそう高くないレッドサムには新鮮さがあり、これからの2か月間でどこまで票を伸ばすか予測しがたい面がある。しかしながら、レッドサムにはこれまでのところ、過去の金融関係の経歴や発言で脇の甘い点があるように感じられる。レッドサムの履歴書は、見かけほどすごいものではないことが明らかになっており、また、本来強いはずの経済分析にも疑問が出ている。また、最後の2人に選出されれば、納税申告書を公開すると約束したため、これを公開する必要があるが、これがさらに火種となる可能性がある。これらを乗り越えたところで、保守党の党員の多くはレッドサムをメイときちんと比較して考慮するのではないか。

次のイギリス首相は女性

保守党の党首選の2回目の投票の結果、女性がキャメロン首相の後の党首・首相となることが決まった。イギリス最初の女性首相サッチャーに続いて2人目となる。

保守党の党首選は、7月5日の1回目の投票で、立候補した5人のうち、最も少ない得票だった1人が除外され、さらにもう1人が辞退した後、7月7日に3人の候補者で2回目の投票が行われた。結果は、メイ内相199票、エネルギー閣外相のレッドサム84票、ゴブ法相46票で、最低得票のゴブ内相が除外された。この結果、メイとレッドサムの女性2人から党員による選挙で党首・首相が選ばれることとなった。

2回目の投票では、EU国民投票では残留派だったメイは、その経験と、残留派、離脱派で割れた保守党をまとめる能力を買われて、1回目の得票の165を伸ばした。国が離脱交渉で難しい時期には堅実なメイがふさわしいとする。一方、これまでの履歴を誇張していたのではないかという疑いへの対応に1日中追われたレッドサムも支持を広げた。首相は離脱派から選ばれるべきだという考えだ。元ロンドン市長ジョンソンを「裏切った」ゴブが脱落し、EU国民投票の離脱派のリーダー、ジョンソンとゴブの2人とも保守党党首選で最後の2人に残れず、2人の間隙を潜り抜けて離脱派の脇役だったレッドサムが躍り出たのである。

この党首選挙では、保守党下院議員が選んだ2人の候補者から党員が一人一票で1人を選ぶ。党員へは、近日中に投票用紙が送られ、結果は9月9日に発表される。党員数は約15万人。投票できる党員は、投票締め切りの3か月前までに党員になっている必要があることから、労働党のように、投票結果に影響を与えようと、これから入党するといったようなことはできない。

保守党の党員は、離脱派がかなり多いと見られている。それがどのように結果に影響するか注目される。

保守党党首選と労働党の内乱

現在進行中の保守党党首選と労働党の内乱は奇妙につながっているように思われる。

6月23日の国民投票で、イギリスは欧州連合(EU)を離脱することとなり、残留を推したキャメロン首相が辞任した。そして後任の保守党党首(保守党は下院の過半数を占めており、党首は首相となる)の選挙が6月30日から始まった。

一方、労働党は、政党としてEU残留を支持し、そのキャンペーンを行ったにもかかわらず、コービン党首が熱心に運動しなかったとしてコービン党首不信任案が提出され、また、強硬左派のコービンでは次期総選挙が戦えないとしてコービン辞任を求め、影の内閣の閣僚の3分の2が辞任し、それ以外のポストについていた労働党下院議員も大量に辞任した。そして行われた不信任投票では、不信任賛成172、反対40、無効4、投票せず13で、労働党下院議員たちは、コービン辞任を求めたのである。ところが、コービンは、昨年9月に党員、サポーターの圧倒的支持を受けて当選したことをタテにあくまでも党首に居座る構えだ。その労働党の党首選では、4人の候補者が立ったが、コービンは、59.5%を獲得し、2位はわずか19%だった。

保守党の党首選

保守党の党首選では、まず保守党下院議員が投票し、立候補者を2人に絞り、その2人から党員が郵便投票で選ぶ。立候補者を2人に絞るため、まず7月5日に下院議員が1回目の投票を行い、最も得票の少なかった候補者を除いて2回目の投票を実施、さらに必要があれば同じ要領でさらに投票を行い、2人に絞るということとなる。

今回、第1回目の投票でメイ内相(残留派)が他の候補者を圧倒的にリードする165票、2位はエネルギー担当相のレッドサム(離脱派)が66票、3位のゴブ法相(離脱派)が48票、4位のクリブ労働年金相(残留派)が34票、そして5位のフォックス元国防相(離脱派)が16票だった。メイが全329票(キャメロン首相が投票しなかったと言われる)の半分以上を獲得した。最も票の少なかったフォックスが規定により除かれた後、クリブが自ら辞退し、2人とも1位のメイを支持することを表明した。そして、2回目の投票は、3人の候補者で7月7日に行われ、2人に絞られる。

これでは、圧倒的にメイが優勢なように見える。しかし、メイがいくら多くの下院議員の支持を得ても、最終的には、党員が決めることとなる。保守党の党員らのウェブサイト、コンサーバティブホームが実施した党員の世論調査では、レッドサムが38%、メイが37%、そしてゴブが13%の支持だった。

このコンサーバティブホームは、元保守党副幹事長の億万長者アッシュクロフト卿がスポンサーであり、アッシュクロフト卿は、同じ糖尿病を患うメイを推していると理解していたので、意外に感じたが、アッシュクロフト卿は、同時に、私財を投じて選挙に関する大規模な世論調査を次々に行い、結果を公開している人物であり、世論調査の価値を十分にわきまえていると思われる。

コンサーバティブホームの保守党党首選の党員世論調査の結果は、メイにとっては、大きな警告である。いくら下院議員の支持を得ても、党員の支持で他の候補者を上回れなければ、党首に当選できないからである。

そこでささやかれているのは、メイが自分の支援者に3位のゴブを支持させ、レッドサムを上回る票を獲得させれば、最終の2人は、メイ対ゴブとなるという戦略である。離脱派のレッドサムが相手では、残留派だったメイが勝てないかもしれない。下院議員の数では、離脱派が残留派をかなりかなり下回るが、党員は離脱派が多いと見られている。レッドサムは、同じ離脱派だったゴブ票も惹きつけ、さらに有利になる可能性がある。ゴブは、同じ離脱派のジョンソン元ロンドン市長を裏切って党首選を断念させたとして、かなり批判を受けており、メイは、ゴブなら勝てるという見通しがある。

ただし、元銀行家のレッドサムは、その過去の投資や収入などで、何らかの問題が発覚する可能性もゼロではなく、7月7日にならないと、実際にどのような動きがあるかは予測しがたい。

なお、レッドサムが2回目の投票で最後の2人の1人として勝ち残れば、メイと女性同士の対決となり、サッチャーに引き続き、2人目の女性首相が生まれることとなる。

労働党の内乱

労働党は、党首のコービンが辞任の求めを拒否する構えを崩しておらず、反コービン派の議員が、必要な下院議員51人の支持を得て党首選を求め、党首選が行われる可能性が高い。2人が立つ準備ができていると言われる。しかし、コービン危機が伝わって以来、1週間で6万人の党員が加入したと言われる。この新規党員の大半は、コービン支持と見られ、昨年9月の支持がかなり弱まっているという分析もあるものの、もし党首選が行われると、コービンが勝つのはまず間違いないと見られている。

民主的であるはずの労働党下院議員多数が、党員の支持のあるコービンを追い落とそうとしているのは、現下に繰り広げられている保守党の例を見ても少し奇妙に映る。

保守党の党首選 有力候補者

イギリスが6月23日の欧州連合(EU)国民投票でEUを離脱することとなったことを受け、キャメロン首相が辞任した。そして後任の保守党党首を選ぶ選挙(保守党は下院の過半数をしめているため、事実上首相を選ぶこととなる)が始まった。

6月30日正午の立候補受付締め切り直前、最有力と見られていた前ロンドン市長のボリス・ジョンソン下院議員が、突然立候補しないことを発表した。そのため、党首選は、5人の立候補者のうち、テリーザ・メイ内相がリードし、それをエネルギー閣外相のアンドレア・レッドソムとマイケル・ゴブ法相が追うという形となっている。

保守党の党首選のルール

まず、保守党下院議員が立候補者を2人に絞り、その2人のいずれかを党員全体の選挙で選ぶ仕組みである。立候補者を2人に絞るため、まず7月5日に下院議員が第1回目の投票を行い、最も得票の少なかった候補者を除いて第2回目の投票を実施、さらに同じ要領で第3回目の投票を行い、2人に絞るということとなる。ただし、今回は、メイ内相が他の候補者を圧倒的にリードしていると伝えられ、第1回目の投票の結果によっては、他の候補者が辞退し、一挙に党員選挙に進む、もしくは、一挙に党首が決まる可能性がある。

有力候補者

テリーザ・メイ

最有力のメイ内相は、英国国教会の司祭の娘として生まれ、オックスフォード大学で地理学を学んだ。その後、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行に勤務、そして金融機関で働きながら、ロンドンのマートン区議会議員も務めた。59歳。1997年に下院議員に当選。保守党幹事長などの重職を経て、2010年に、内閣で最も重要なポストの一つ内務相に就任。

メイ内相は、これまで内相として6年間務めてきたが、リスク回避の傾向が強い。失点を防ぐため、細かな問題にまで気を配りすぎ、先だっても内務省第二事務次官に内務委員会での応答をさせず、内務委員会ともめ事を起こした(拙稿参照)。内務省は、移民やセキュリティの問題を担当しているが、比較的小さな問題で得点稼ぎのためメディアに登場する一方、キャメロン政権の大きな公約である移民の削減は達成できず、この問題がメディアで大きく扱われる場合には、担当閣外大臣の影に隠れてきた(拙稿参照)。党首選立候補の記者会見で、自分の首相としての能力を見るには、自分の業績を見てくれと発言したが、内相としての「遺産」にはそう目立つものはない。イギリスがEUのメンバーであることから、できることが限られている上、さらに欧州人権条約によってもできることが限られている。なお、メイは、2016年4月、イギリスは欧州人権条約から離脱すべきだと主張した。しかし、イギリスがEUから離脱することとなった後、党首選立候補にあたって欧州人権条約からの離脱は求めないとした。欧州人権条約からの離脱には保守党内にも反対があり、党首選に邪魔になるという判断があると思われる。また、EUとの関係については、単一市場との関係を最優先し、人の移動の自由については柔軟に対応することを示唆した。メイは保守党党首(そして首相)となるために細心の注意を払ってきた。手堅いが、臆病と思われるような点があり、リスクをできるだけ避けるイメージがある。

EU国民投票では、もともと離脱派ではないかと見られていたが、キャメロン首相やオズボーン財相とともに、残留派に留まった。残留派のキャンペーンでは意識的に目立つのを避け、その結果、自分が傷つくのを避けられた。党首となる最有力候補であったジョンソンが出馬を断念した後、離脱派と残留派の両派をまとめられ、難しいEUとの離脱交渉を行える人物として期待が集まっている。

アンドレア・レッドサム

ウォーリック大学で政治学を学んだ後、金融機関に務めた。一時、地方議会議員として働いたことがあるが、下院議員となったのは2010年。53歳。エネルギー省の閣外相であるが、EU国民投票のキャンペーンで離脱派として、討論で注目を浴びた。離脱派のリーダー、ボリス・ジョンソンが出馬せず、突然立候補した、マイケル・ゴブが振るわない中、レッドサムに離脱派の期待が集まっている。レッドサムは、金融業界で25年働き、多くの経験があると主張したが、その政治的な能力は未知数である。実際のところ、有権者が、例えば、銀行のトップが首相となるようなことを歓迎するか疑問がある。

国民投票のキャンペーンの論点の一つは、EUからの移民の自由を認めるかどうかであった。しかし、これは単一市場へのアクセスを求めるには必須の条件だと考えられている。しかし、レッドサムは、単一市場へのアクセスにこだわっておらず、移民の自由を認める考えはない。この立場は、次のマイケル・ゴブも同じである。

マイケル・ゴブ

スコットランドに生まれた。母親が育てられず、養親に育てられた。オックスフォード大学ではイングリッシュ(英語学)を学ぶ。有名なオックスフォード同盟の会長ともなった。卒業後、新聞ジャーナリストとして働き、後にタイムズ紙に移る。2005年に下院議員。48歳。キャメロン党首の側近となり、2010年には、キャメロン政権の教育大臣に就任。管轄するイングランドの初等、中等学校のアカデミー化などを教員らの反対を押し切って強力に進め、また、これらの学校の首席視察官に、アカデミー化で成功した校長を任命し、レベルアップを推進。後に、法相となり、そこでも刑務所の改革に着手するなど、改革マインドを持った人物。

EU国民投票では、ジョンソンとともに離脱派をリードしたが、離脱側が勝った後、ジョンソンの党首選挙を応援する予定になっていたにもかかわらず、ジョンソンの首相としての能力に疑問を持ち、ジョンソンの立候補発表直前に自ら立候補することを発表した。それまで自分はカリスマがなく、首相にふさわしくない、なりたくないと繰り返し明言していたにもかかわらず、立候補したのである。ジョンソンは、ゴブの「裏切り」で出馬を断念した。

ただし、翌日の7月1日、ゴブをどう思うかきかれたジョンソンは、考えた上で「成功を祈る」と答えた。ジョンソンは100の役職(首相の任命できる政府のポスト)を300人(保守党下院議員330人)に約束していると批判した保守党下院議員がいるが、空手形をかなり切っていた可能性がある。6月29日に誤って送られたとされるゴブの妻のEメールでは、ジョンソン政権で最も重要な役割を担うと見られていたゴブにポストを約束するのを拒否していたようだ。重要な役職は、他の誰かに約束してしまっていた可能性がある。もしそうなら、ゴブがおとなしくしていることはできなかっただろう。

ゴブは、恐らく、今回の立候補者の中では、知的能力が最も高く、大臣としての実績が最もある人物だろう。7月1日に所信を発表したが、この機会にイギリスを改革すべきだと明言した。EU側との交渉を進めるには適任だろうが、その出馬の経緯から「裏切り者」としてのラベルが貼られ、支持者獲得に苦労している。