保守党が死守した補欠選挙

保守党の下院議員が議会の倫理基準に反し、辞職したことを受け、65日、補欠選挙が行われた。保守党が議席を維持し、イギリスのEUからの離脱を唱えるイギリス独立党(UKIP)が次点となった。主な結果は、以下のようである。 

政党 得票 割合% 前回との差
保守党 17,431 45 -8.9
UKIP 10,028 25.9 22.1
労働党 6,842 17.7 -4.6
無所属 1,891 4.9 前回立たず
緑の党 1,057 2.7 前回立たず
自民党 1,004 2.6 -17
次点との差 7,403 19.1  
投票者数 38,707 52.79  

かなり余裕を持って保守党が勝利を収めたように見えるが、前回の2010年総選挙では以下のような結果であった。 

政党 得票 割合%
保守党 27,590 53.9
労働党 11,438 22.3
自民党 10,246 20
UKIP 1,954 3.8
次点との差 16,152 31.5
投票者 51,228 71.4

2010年の総選挙では、保守党と次点の候補者との差は全投票数の31.5%あったが、今回はそれが19.1%まで下がった。しかも2010年には3.8%しか得票できず供託金没収となったUKIPが今回は次点となり、しかも25.9%の票を獲得したのである。5月の欧州議会議員選挙でイギリスのトップとなったUKIPの勢いは否定できない。

今回の補欠選挙では、保守党はこれまでにない死力を尽くした選挙戦を展開した。

イギリスの人口は日本の約半分だが、選挙区は650あり、それぞれの選挙区の最多得票者が一人だけ当選する完全な小選挙区制である。今回の補欠選挙の選挙区は、前回の2010年と同じである。有権者数は73,486人であった。つまり、この選挙は日本でいえば、小さな市の市長選挙があったようなものである。

この選挙区は2010年の選挙結果が示すように、圧倒的に保守党の強い選挙区である。それにもかかわらず、キャメロン首相は、現職の首相としては例がない、4回も選挙区入りした。しかも300人余のすべての保守党下院議員に少なくとも3回選挙区を訪問するよう命じた。その上、全国から千人と言われる活動家を呼び寄せ、選挙運動をさせた。

絶対に敗北が許されない選挙だったからである。もし保守党がこの補欠選挙を失えば、勢いに乗るUKIPに手を貸すことになる。

その結果、通常、補欠選挙は投票率が低く、また政権政党が勝てない例が多いが、保守党の勝利となった。

ただし、今回のような選挙戦は、単独で行われる補欠選挙だからできたことであり、来年5月の総選挙ではそうはいかない。保守党にとっては、UKIP対策は今後も大きな課題である。

なお、自民党は、大きく票を減らし、供託金没収となった。自民党は勝てる可能性のない選挙戦には力を入れていない。その戦略は勝てる可能性のあるところに資源をつぎ込むことである。昨年のイーストリー補欠選挙でそれは示されたが、今回の補欠選挙での保守党の動きは、イーストリーの自民党戦術から学んだことが大きいように思われる。

サッカー選手ジョーイ・バー トン

BBCの人気テレビ政治番組「クエスチョン・タイム」は 政治家、ジャーナリスト、コメンテーター、コメディアン (一流大学出が多い)、有名人などを招き、聴衆からの時事問題の質問に答える番組である。

この番組にサッカー選手のジョーイ・バートン が 5 人のパネリストの一人として招かれた。

バートンは、1982 年 9 月 2 日生まれの 31 歳。プレミ アリーグに復活昇格したクイーンズ・パーク・レン ジャーズ(QPR)のミッドフィルダーである。

バートンはこれまで数々の物議をかもしてきた。暴力 事件で 2 度有罪判決を受け、刑務所で服役したこと もある。規律の問題もあり、クラブやイングランドサッ カー協会(FA)から何度も懲戒処分を受けている。

特に印象深いのは 2011-2012 年シーズンの最終日 に QPR がプレミアリーグ生き残りをかけて、リーグ 優勝を狙うマンチェスター・シティと対戦した時のことだ。バートンはテベスに対するひじ打ちでレッドカード を受けたが、その後、アグエロを後ろから蹴り、コン パニに頭突きをしようとした。信じられない光景だった。その結果、12 ゲームの出場禁止処分を受ける。

カッと反応して事件を起こす傾向のある、驚くべき過 去を持つ選手であるが、そのツイッターは有名。政治、社会問題から哲学上の問題まで多様な話 題にコメントし、現在は 250 万を超えるフォロワーを 持つ。

それに注目したのだろう、BBC がバートンを招き、 サッカー選手の「哲学者王」と紹介された。サッカー の選手でこの番組に登場したのは、2 人目だそうだ。 UKIP に関するコメントがメディアで大きく取り上げら れたが、これからも何度も登場しそうである。

将来サッカーのコーチとなろうとしており、欧州サッ カー連盟(UEFA)の A コーチングライセンスを今夏終了する。昨年 9 月からローハンプトン大学で哲学 を学び始めているほか、慈善事業にも関係している。

「問題児」だが憎めない人物バートンの今後が注目 される。

新しい局面を迎えたイギリス政治

5 22 日投票、25 日開票のイギリス選出の欧州議会議員選挙で73 議席が争われた。予想通り、イギリス独立党(UKIP)が最も多くの票を獲得し、最多の議席を占めた。この選挙は地区別の比例代表制で行われ、小選挙区制の下院選挙とは異なるが、保守党と労働党以外の政党が国レベルの選挙でトップとなったのは 1910 年以来のことであり、イギリス政界に「地震」を引き起こしたと言える。

何が起きたのか? 

欧州議会議員選挙と地方議会議員選挙後の 5 29 日のことである。サッカー選手ジョーイ・バートンがテレビ番組で、UKIP は「4 人の醜い女の子の中で最悪ではない」ような政党だと発言した。バートンは、主要 3 政党の保守党、労働党、自民党と UKIP を合わせた 4 党はいずれも醜いが、その中で UKIP が最もよさそうに見える、それで多くの有権者が支持したと示唆したのである。

この発言はセクシズムだと物議をかもし、バートンは直ちに謝罪した。確かに不適切な発言だが、筆者にはまさしく現在のイギリス政治の状況を表現したもののように感じられた。

主要政党はいずれも魅力がない。一方、1993年に創設され、そのメンバーは玉石混淆のUKIPも、党の欧州議会議員の経費の問題や不適切な候補者など醜い面がある。選挙前、数週間にわたり、マスコミからこれらの問題を集中的に攻撃されたが、選挙結果に大きな影響を与えなかった。つまり、4 党ともに醜い中では、それでも UKIP がましだと思われたようである。 

2014 年欧州議会議員選挙イギリス区主要政党結果

政党 議席数 得票率
UKIP 24(+11) 27.50%
労働党  20(+7) 25.40%
保守党 19(-7) 23.90%
緑の党 3(+1) 7.90%
SNP 2(±0) 2.50%
自民党 1(-10) 6.90%

SNP:スコットランド国民党

欧州議会議員選挙の結果は上記の表のとおりである。イギリスのEUからの離脱を唱えるUKIP は前回 2009 年の13 議席に11 議席を加え、大きく議席を伸ばした。労働党は予想を下回り、保守党は心配されたほど悪くはなく、緑の党は予想を上回り、自民党は予想通り悪かった。

キャメロン首相は選挙結果を踏まえ、イギリスの有権者は EUに不満を持っている、 EUを変えていく必要があると発言した。しかしながら、EU で大きな力を持つ次期欧州委員会委員長の選任問題もあり、どの程度 EUを変えられるかは不透明だ。 

6 5 日に補欠選挙がある。キャメロン首相の保守党に所属していた下院議員が議員の倫理基準に違反し、辞職したための補欠選挙である。この選挙区では保守党が非常に強く、保守党候補が勝つと見られており、恐らくUKIPの候補者は次点となるだろうが、どの程度の差となるか注目される。 

その補欠選挙の結果が、2015 5 月の総選挙に大きく影響する可能性がある。いずれにしても主要三政党は、総選挙までの11か月間、UKIP の動向を見ながら選挙準備を進めることとなる。下表のように主要 3 政党の票が UKIP に流れているためである。

欧州議会議員選挙でのUKIP票の出所

政党 UKIP票の出所
保守党 51%
労働党 12%
自民党 17%

British Election Study: http://www.britishel ectionstudy.com/bes -findings/ukip- picking-up-lumps-of- old-labour- support/#.U41tXOYU _mI

UKIP 躍進の原因

UKIP の躍進には2つの面があると思われる。UKIP の主張とそのリーダーである。 

UKIPは、有権者の関心の高い多くの問題を、イギリスがEUから離れることで解決できるという立場を取る。特に議論の多い移民の問題では、EUから離脱すれば、EU 内の移動の自由の原則を守る必要がなく、自由に制限できる。政策の詳細よりも、明快な議論で有権者を惹きつけているようだ。主要 3 党が、既成の枠組みの中で細かな議論に終始しており、わかりにくいのとは対照的だ。 

さらにリーダーである。ファラージュ党首にはカリスマがある。わかりやすい表現を使い、明快な議論をする。そのため、単にEUの問題に関心のある人たちだけではなく、政権政党や既成政党への批判票を集めている。

一方、労働党のミリバンド党首にはカリスマがない。政策を苦労して絞り出しているという印象を受けるが、個別の政策は有権者から支持されても、ミリバンドにカリスマがないため、労働党への支持に直接つながっていない。 

自民党の党首クレッグ副首相は、世論調査での有権者からの評価が記録上最低となった。この選挙後、自民党にはクレッグ交代論が噴出したが、自民党内で大きな影響力を持つ、元党首のアッシュダウン卿がクレッグを支持しており、交代の可能性は少ない。

2010 年総選挙後、保守党と連立政権を組んで以来、マニフェスト約束違反や、この連立がその中道左派の考え方と相容れないなどのために支持を失い、立ち直れないままである。

しかも党勢浮揚を狙い、ファラージュUKIP 党首に、親欧州の立場からテレビ/ラジオ討論を申し入れ実現したが、討論後の視聴者の評価ではファラージュに大敗するなど戦略上のミスもあった。

イギリス経済の回復に果たした役割は大きく、保守党の行き過ぎに歯止めをかけるなど、自民党の貢献度は高いが、多くの有権者から全く評価されておらず、宙に浮いたような存在となっている。

 保守党の党首キャメロン首相は、保守党支持票の UKIP への流出を防ぐため、2017年のEU国民投票の実施を約束した。国民にEUに留まるか脱退するか決めさせようというのである。UKIPには下院に議席がないため、国民投票を実施できないが、保守党が次期総選挙後政権を獲得すればそれができるというのである。しかし、保守党の議論はUKIPの議論と比べるとわかりづらい。

しかも保守党の「嫌な党」イメージを変え、リベラルな有権者の票も獲得しようと同性結婚を推進したが、これが伝統的な支持層の離反を招いている。多くの有権者がキャメロン首相は首相らしいと見なしているが、それが保守党の政策への信頼に必ずしもつながっていない。

UKIPの政策

UKIP は、次期総選挙に向けて国内政策を整え始めた。その手始めは、税制である。最低賃金(現在の時給£6.311,080 円))で働いている人たちの所得税をゼロとし、しかも最高税率の45%を40%に下げる方針を明らかにした。前者も後者もかなりの税収減となると見られているが、それぞれ労働党支持層と保守党支持層の票の獲得を目指したものである。

さらにこの税制案の財源を確保するため、財政緊縮の中でもキャメロン首相が毎年大きく増加させている海外援助費を削減することを考えている。海外援助費は 2015 年度には122 億ポンド(2 兆円)になる予定である。

賃金が上がらないのに物価が上がり、国民が生活費危機で苦しんでいるにもかかわらず、海外援助を大きく増やすことに批判的な人々を惹きつけることができる。

保守党も労働党も政策の小さな違いを強調して有権者の関心を引こうとする時代は終わったようだ。いずれの政党にも大胆な政策が必要だと思われる。