トニー・ブレア元首相へ父の与えた影響(Tony Blair’s father)

トニー・ブレア元首相の成功は、11月16日に89歳で亡くなった父親レオの成功と挫折に拠っている。ブレアは、亡くなった父のことを「父として持ち、光栄に思う」と言った。今でも1997年にブレアが労働党党首として総選挙に勝利した直後の勝利集会で、ブレアが父からお祝の声をかけられたシーンが目に浮かぶ。

ブレアの父レオは、グラスゴーの貧しい造船工の夫婦に育てられた。芸人だった、生まれの親が子供を育てられないので、その夫婦に預けたのだ。貧しい家庭で育ったブレアが共産主義に関心を持ったのは当然の成り行きで、青年共産主義者の会の書記まで務めたほどだった。ところが、第二次世界大戦が始まり、出征したことが、レオの人生を大きく変える。レオはその能力を認められ、後に大尉となり、臨時少佐にまで出世した。

英国の軍では、いわゆるオフィサーとそれ以下では待遇が大きく違う。特に食事の場では、まったく違う扱いを受ける。オフィサーとなったレオは、その特権を満喫し、考え方が大きく異なることとなった。退役後、レオは、エディンバラ大学で法律を学び、その後、オーストラリアの大学で、そして英国に帰国後、名門大学のデュラム大学で法律を教えた。法廷弁護士としても活躍し、その結果、保守党に人脈を築いた。そして、地域の保守党支部の支部長となり、下院議員となることを目指していた。保守党中央の有力者が、何人もレオの家を訪れたそうだ。

ところが、40歳で突然、脳卒中で倒れた。そのため、長い療養生活を余儀なくされ、政治家への道はあきらめることとなる。

ブレアは、レオの成功で中流階級の家庭で育ち、中等教育は、スコットランドのイートン校と呼ばれる私立学校で受けた。その恩恵を受けたブレアは、オックスフォード大学へ進学し、中流階級の有権者から大きな支持を受けて、1997年の総選挙に勝利した。一方、もし、レオが保守党の下院議員となっていたならば、ブレアが労働党で大きな成功を遂げることは極めて難しかったろう。労働党内で、ブレアへの疑いが残ったからだろうからである。

法務省が新しい出所者再犯防止対策を発表(Measures to prevent re-offending)

法務大臣が、刑期12か月未満の出所者を対象に再犯防止のための新しい制度を導入すると発表した。これらの出所者の1年以内の再犯率が56.8%と高いことから、それを低くするための対策である。

刑期が1年以上の者については、服役後、許可条件付きで保釈され、その条件には保護観察官と定期的に会ったり、指定宿泊所に住んだり、麻薬やアルコール依存症のリハビリなどが含まれている。

しかし、これまで、刑期12か月未満の出所者は、基本的に、46ポンド(6千円)を与えられ、刑務所の門から出るだけであった。しかし、これを改め、メンター(助言者)にサポートさせる体制を敷く。メンターは、更生した元服役囚を含み、服役囚が出所する前から本人に面会し、お互いによく知っているようにする。また、私企業や慈善団体などの協力を得、出所時から、それぞれの出所者の住む場所や社会福祉手当、リハビリ、さらには求職相談やトレーニングを受ける準備ができている体制とする方針だ。これらの出所者は、家庭として機能していない環境にあることが多いため、きちんと面倒を見る必要があるためだ。

この計画は、必要な法制化作業などを経て、2015年までに実際に運用されることとなるという。この仕事に携わる私企業や慈善団体などは、再犯率を低くできた場合のみに政府から報酬を受けることとなる。

この計画が成功し、再犯が減れば社会に大きく貢献することになるだろうが、計画通りにいくだろうか。まず、費用の問題である。2011年4月から2012年3月の間に12か月未満の刑期を受けた者は5万人余りいる。それらの人たちに上記のような「サービス」を提供することが、省予算が4分の1カットされる状態で可能かどうかだ。

さらに、刑務所の中では、麻薬が流通しているとよく言われる。刑務所に入ったために悪くなったという人も少なからずいるようだ。まずは、服役中の更生にさらに力を入れる必要があるように思われる。刑務所を出てからの更生だけでは難しいかもしれない。

オリンパス元社長の経験(Former Olympus CEO’s Experiences)

光学メーカー、オリンパスの社長を務めたマイケル・ウッドフォードが自分の経験を書いた本「暴露:オリンパススキャンダルの内幕―私がいかにCEOから内部告発者になったか」が11月29日に発売される。既に大きな注目を集めており、英国のアマゾンでは、すべての本の中で現在1787位である。

ウッドフォードは、2011年、オリンパスとの戦いで、英国でビジネス関係の様々な賞を受賞した。不当解雇されたことなどについては、既にオリンパスと和解し、1000万ポンド(12億6千万円)の和解金を受け取っている。

英国の日曜紙で最大の売り上げ部数のサンデータイムズ紙の付録のマガジンが、表紙にウッドフォードを取り上げ、その話が中で6ページにわたり取り上げられている(2012年11月11日)。それによると、ウッドフォードには、ある英国の会社が会長に就任してほしいと言ってきているそうだ。また、ある日本の会社が社長になってくれと申し出てきたとも言う。しかし、今は、この本の映画化の権利を欲しがっている映画会社と話をしているという。

ウッドフォードの戦いはそう簡単なものではなかったそうだ。ジェイク・アーデルスタインというアメリカのジャーナリストで日本のヤクザの権威が、ウッドフォードに命が危ないぞと言ったという。またロンドン警視庁の刑事が、ウッドフォードのロンドンのアパートを訪れ、緊急暗号を与え、郵便受けを塞ぐようにと言ったそうだ。何者かがそこから火をつけるかもしれないからだという。ウッドフォードの妻は、非常に怖がり、真夜中に叫んで目が覚めることがあったそうだ。

日本のメディアは、このスキャンダルを取り上げるのが遅かったが、外国のメディア、ウォールストリートジャーナル、ファイナンシャルタイムズ、そしてサンデータイムズは執拗だったという。

サンデータイムズ紙の記者は、ウッドフォードは、欧州で2回腐敗を曝しだし、会社の中で、腐敗を暴露するという評判があったのに、なぜ秘密を抱えるオリンパスがウッドフォードを社長に任命したのかと疑問に感じている。それでも根本は、残念ながら日本には体質が旧態依然で時代に適合できていない会社がかなりあるということのようだ。

BBCの何が問題なのか?(What went wrong with BBC?)

BBCが揺れている。会長が就任以来2か月持たずに辞任した。児童性的虐待をめぐる番組制作上の問題が原因である。具体的には、次の二つの出来事がこれを引き起こした。

①まず、BBCの看板番組の一つニュースナイトが、昨年12月にBBCのかつてのスタープレゼンター、ジミー・サヴィルの児童性的虐待疑惑を報道する準備ができていたにもかかわらずその報道を取りやめたことである。これは今年10月に発覚した。この報道取り止めには、同じ時期にBBCが多くの経費をつぎ込んだサヴィル追悼番組が報道されることになっていたことに関係していたのではないかと言われている。

②さらに、同じ番組ニュースナイトが、11月2日、北ウェールズで1970年代から80年代にかけて起きた、養護施設に収容されていた子供への性的虐待問題で、サッチャー政権当時の有力政治家の関与を報道した。その政治家の名前がツイッターなどで明らかにされたが、その性的虐待の被害者が人違いに気づき、それを認めたために、BBCが全面的に謝罪する事態となった。その結果、BBC会長の辞任を招いた。

これらを受け、BBCを監督する立場のBBCトラストの会長、パットン卿は、BBCの構造を徹底的に再点検する必要があると言った。しかし、これはシステムの問題だろうか?

この点、12日のファイナンシャルタイムズの視点が的をえているように思われる。これはむしろ人の問題だと言うのである。ファイナンシャルタイムズでは、BBCの元執行役員会のメンバーの言葉を借りて、ニュースの指揮系統はそう複雑なものではないと指摘し、これは、編集判断の失敗であると示唆した。さらに同紙のベン・フォスターは、BBC会長の失脚は、大きな仕事を十分なサポートなしに、経験も不足している中でしようとしたことにあると指摘している。

12日に出された、第二の問題の調査結果(中間報告)のまとめによると、サヴィルの番組の取りやめの件①でニュースナイトのエディターがその職務を一時離れることになった。しかも副エディターの一人が辞任したなどから、番組のリーダーシップが混乱していたという。この報告書では、②では、報道前に基本的なチェックが行われていなかったという。

さらにこの番組を統括管理する立場にある上司二人も、上記のサヴィル番組取りやめの件①で調査を受ける立場となったため、サヴィルや児童性的虐待の問題に関する決定に関与しないこととしたため、他の幹部がそれに関する問題を監督することとなったが、意思決定の面で混乱があったと言う。

中間報告書を受け、この意思決定の問題に対処するため、辞任した会長の後を受けた暫定会長は、新しい人を担当部署に就け、指揮系統を確立した。

この一連の動きを見ると、組織の陥りやすい問題に気づく。特にお役所的な体質を持つ場合である。

まず、第一の事件が起きた時、辞任した会長は、取りやめるという話は聞いたが、どういう経緯で番組のサヴィル児童性的虐待報道が取りやめになったか知らなかったと発言した。この会長は、もともとジャーナリスト出身で、BBCの生え抜きである。この取りやめ問題が起きたのは、BBCのテレビ部門を統括するビジョン部門の責任者だった時である。しかし、それ以上追及して聞くということはなかった。つまり、詳細を知らなければ、それは自分の責任ではないということである。もし、詳細を知っていて、それで動かなければ、それは自分の責任となる。知らないことは幸いだということである。

つまり、出世するためには、なるべく問題に巻き込まれないということが大切ということだった。問題は、いざ自分がトップの会長になった時、それでは通用しないことがわかったことだ。

BBCラジオ4の朝のTodayという番組で、11月10日(土)、この会長は厳しく問い詰められた。11月2日夜のニュースナイトの番組の内容は、ツイッターなどで放映よりかなり前からわかっていた。しかし、この会長は、その翌日までそれを知らなかったと言った。これでは危機下にあるBBCのトップの任には堪えないだろう。情報をいち早く集めて対応することが必要だった。

しかも、ニュースナイトの製作現場の管理を中途半端な形で間に合わせようとしたことも誤りだった。今回暫定会長が実施したように、きちんとした管理体制を敷くことが必要だった。これらは、システムの問題というより、人の問題である。責任者の能力と判断の問題である。もちろん、この会長を任命したBBCトラストのパットン会長の判断にも疑いが残るが。

英国の政治ジャーナリスト(British Political Journalist)

英国では、どういう人が政治ジャーナリストになっているのだろうか?ここでは、英国公共放送のBBCの政治部長を務めるニック・ロビンソン(Nick Robinson:1963年10月5日生)の例を見てみよう。

ロビンソンは、英国で大きな政治のエピソードがあるたびにテレビやラジオのBBCの番組に登場してきてコメントする。毎週水曜日正午からの首相のクエスチョンタイムにもBBCのポリティクスショーに出演して、事前にその日の見どころや、直後には首相や野党党首のパフォーマンスなどの感想を述べる。その率直で誠実そうなイメージとウィッティなコメントは、ビジネス部長のロバート・ペストンとともにBBCの看板の一つと言えるだろう。

私も若干であるが、ロビンソンの人柄に触れたことがある。ケンブリッジに行った時のこと、街角でロビンソンを見かけた。そこで「ハロー、ミスターロビンソン」と言うと、少し驚いていたが、笑顔で「ハロー」と応じてくれた。

サンデータイムズ紙にロビンソンの一日が紹介されている。朝、奥さんが6時半に起き、子供たちが学校に行く世話をし始める。ロビンソンは、BBCラジオ4のToday というニュース番組を寝ながら聞く。この朝の番組は朝6時から9時までだが、多くのインタビューを交えた政治関係者必聴の番組である。

そして起きだし、家族と朝食を取る。出勤する前に自分のブログを更新。そしてウェストミンスターにあるミルバンクのBBCのオフィスに出勤。午前11時に、首相の報道官が政治ジャーナリストにブリーフィング。昼食を政治家と取る。この費用はBBC持ち。午後には、編集に入る。午後6時のニュースに出演する時には午後10時のニュースにも出演することが多く、ウェストミンスター周辺で過ごす。再編集する。きちんとした食事をしなければと思っているが、通常、クリスプス(日本でいうチップス)やチョコレートでやり過ごすことになりがちだと言う。家には午後10時45分くらいになることが多い。そして奥さんとワインを飲み、子供と話をする。

ロビンソンは、よく、政治家を実際のところあまり好きではないのでしょう?と聞かれることがあるという。しかし、ロビンソンは、正直なところかなり好きだという。政治家はほとんどが、立派な仕事をしている、まともな人たちであると言う。もし、自分がこれらの人たちが悪党やペテン師と思うようなら自分の仕事ができないだろうと言う。

この点は、私も同感だ。英国の政治家の多くは立派な仕事をしている、まともな人たちだと思う。

政治家の中にはメディアへの対応が非常にうまい人がいるそうだ。ゴードン・ブラウン前首相は、財相時代、素晴らしかったという。しかし、首相となって、物事が思ったようにいかなくなると、ブラウンとのインタビューでは、ロビンソンは、しばしば、暴行で有罪になった人の刑務所の監房に入っていくような気がしたそうだ。ブラウンは質問されるのが嫌いで、質問者を、ブラウン側の人間ではないと宣言した者のようにとったという。インタビューが終わると、ブラウンが自分の身に着けたマイクロフォンをむしり取り、非常な勢いで出て行ったことがしばしばあったという。ロビンソンは、そんなブラウンを可哀そうに思ったそうだ。

ロビンソンは、小さな時からニュースに興味があった。そしてオックスフォード大学を出た後、BBCに入った。一時ITVという他のテレビ局の政治部長を務めたが、BBCに復帰した。なお、ロビンソンは、18歳の時、友人二人と車でフランス巡りをした。その車が正面衝突し、友人二人は即死したが、ロビンソンは生き延びた。この経験がロビンソンのモチベーションを支えているような気がしてならない。

警察コミッショナー選挙の価値?(Police Commissioners’ Elections:Any Value?)

11月15日(木)に行われる警察・犯罪コミッショナー(PCC)の選挙の投票率も英国の賭け屋、ブックメーカーは扱っている。驚くことに17%以上と17%より下とで、それぞれの賭け率をつけている。イングランドとウェールズの41地区で行われる新しい選挙の投票率が17%前後の見通しとは!?

PCCは、それぞれの警察管区の警察行政の重点方針と予算を決め、それぞれの本部長を雇い、解雇できる権限を与えられる。

11月2日にはキャメロン首相がこの選挙のキャンペーンに出た。キャメロン首相は、新しい制度が受け入れられるまでには時間がかかる、その内に有権者も、それぞれの警察管区のコミッショナーが選挙で選ばれることの意味が分かるようになると述べたが、それは一体いつのことであろうか?

主要政党には投票率が20%を越えると見ている政党はない。大臣たちの中には、もしかすると10%に近いかもしれないと心配する声もあるという。それで7500万ポンド(100億円)の選挙費用が正当化されるのであろうか?

この制度は、保守党のマニフェストに含まれていたものである。地元の人々の声がより警察行政に反映させられるようにすることが狙いであったが、有権者が関心を持たないのではどうしようもない。むしろ、住民の関心が少ない中では、選ばれたコミッショナーによる警察行政の政治化や干渉が起きるのではないか。

必ずしも必要のない制度を、しっかりとした確信を持つことなく設けるのは、貴重なお金の無駄遣いのように思える。